あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-12-24

【映画の世界と比較】東京ディズニーランド『美女と野獣』エリア

SHARE



みなさん、こんにちは。2020年9月28日、遂にディズニーランドに新エリアがオープンしました。待ち焦がれていた方も多いことでしょう。今回は筆者も待ち焦がれた『美女と野獣』エリアについて紹介していきます。

アニメと実写で制作された『美女と野獣』や海外パークの『美女と野獣』エリアとの比較も記してまいりますので、お楽しみください。

東京ディズニーランドの『美女と野獣』エリア

多くの人が待ち焦がれた東京ディズニーランドの新エリア開業。本来なら東京ディズニーランドと同じ開業日の2020年4月15日にオープン予定でした。新型コロナウイルスの影響によって大幅な延期になりましたが、2020年9月28日に無事にオープンを迎えました。

『美女と野獣』の世界に入り込んだような世界観



『美女と野獣』のエリアに足を踏み入れると、ベルの父モーリスの家であるモーリスのコテージがあらわれ、村の中心にはガストンの噴水、さらに進むと野獣の城があらわれます。

まるで、映画の世界に入り込んだかのような世界観、圧倒的な没入感を味わうことができます。

アトラクション「美女と野獣″魔法のものがたり″」

新エリアで1番目を引くのは『美女と野獣』のお城。ベルの村に足を踏み入れ、進んでいくと村の先に野獣のお城が見えてきます。昼と夜で違った雰囲気のお城を見ることができます。

アニメ版と比較してみても、城の色が忠実に再現されているのがわかります。なお、アニメ版で登場した野獣のお城の外観は野獣の魔法が解ける前と解けた後で少し雰囲気が異なりますので、東京ディズニーランドのものとその2つを比較してみるのも面白いです。

このお城にあるのが『美女と野獣』エリアで1番の目玉となる新アトラクション「美女と野獣″魔法のものがたり″」。このアトラクションは、美女と野獣の城を舞台にして、魔法のカップに乗りながら映画の音楽に合わせて、映画のストーリーを巡っていくライドタイプのアトラクション。

8分間のライド時間で映画『美女と野獣』の世界を駆け抜けるため、映画を鑑賞済みの方は映画の場面が脳裏に蘇ります。まだ映画を鑑賞されてない方もストーリーのダイジェストを体験することになるため、ご自宅に帰られてから映画を見るとより世界観が広がり物語を堪能することができるでしょう。



なお、「美女と野獣″魔法のものがたり″」は、現在はエントリー制になっています。当日それに外れてしまうと乗ることができませんので事前に仕組みを確認しておきましょう。
東京ディズニーランド エントリー受付について

2つの映画との比較



『美女と野獣』エリアは、まるでアニメ版の『美女と野獣』の世界に入り込んだかのよう。忠実にその世界観が再現されており、エリアがオープンした際はアトラクションの評価だけでなく、忠実な再現度に多くのディズニーファンが感嘆の声を上げていました。

新エリアに入り、ゲストが最初に足を踏み入れるのがベルの村。ベルの村を歩いているだけで、映画に入り込んだかのような高揚感を味わえます。ベルの村には3つのショップもあり、没入感を味わいながら買い物をすることもできます。


ベルが住んでいる村の街並みやベルの父モーリスの家、ガストンの噴水、ガストンの酒場をイメージしたレストラン。アニメ版の『美女と野獣』を見た上でこのエリアに足を踏み込むと忠実に再現されていることに驚きます。

また、実写版も観ておくと、ベルの村の街並みをより立体的に理解することができますので、お時間ある方は合わせて鑑賞してみてください。

海外の『美女と野獣』エリア

大注目の『美女と野獣』エリアですが、海外パークにも『美女と野獣』エリアがあります。



アメリカのフロリダ州オーランドにある世界最大のディズニーテーマパーク、ウォルト・ディズニー・ワールドのマジック・キングダムに『美女と野獣』のエリアがあります。マジック・キングダムの『美女と野獣』エリアも野獣のお城やベルが住んでいる街並み、ガストンの酒場などアニメ版『美女と野獣』の世界観が忠実に再現されています。

東京ディズニーランドの『美女と野獣』エリアにある野獣の城はアトラクションになっていますが、マジック・キングダムにある野獣のお城の中はレストランになっています。



お城の中を歩きながら『美女と野獣』の世界観を味わうことができ、雰囲気の違う3つのエリアに分かれて食事をすることができるんです。ベルと野獣がダンスをした大広間、西の塔、ローズ・ギャラリーの3タイプに分かれていて、部屋の指定をすることはできませんが、どの部屋でも映画の雰囲気を味わうことができます。『美女と野獣』のファンは一度は行ってみたい場所ですね。



多くの方が待ち焦がれた東京ディズニーランドの新エリア。そして『美女と野獣』の世界観を存分に味わうことができる『美女と野獣』エリア。

もう行かれた方も、これから計画される方も、アニメ版と実写版の『美女と野獣』を観てみると、また新しい発見があるかもしれません。新エリアと映画の違いをぜひ楽しんでみてください。

東京ディズニーリゾートはまだまだ進化を続けていきます。2023年には東京ディズニーシーに待望の新エリア「ファンタジースプリングス」がオープンします。



こちらも楽しみで仕方がありません。進化を続けていく東京ディズニーリゾートをいつまでも追いかけ続けたいですね。

(文:前野真岐)

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録