あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-01-28

特別映像

Uruの主題歌に乗せた『ファーストラヴ』特別映像公開!



映画『ファーストラヴ』のためにシンガー・Uruが書き下ろした主題歌「ファーストラヴ」の映画特別映像がGYAO!にて解禁された。

この特別映像で初めて明かされるシーンも多数収録され、事件を追う公認心理師・由紀(北川景子)と弁護士・迦葉(中村倫也)をはじめ、父親殺しの容疑者となる環菜(芳根京子)、由紀の夫であり迦葉の兄として彼らを見つめる我聞(窪塚洋介)ら実力派俳優陣が見せる息詰まる熱演が映し出されている。



Uruは、本作のために書き下ろした珠玉の主題歌「ファーストラヴ」について、「悲しいとか苦しいとか、心の内を言葉に出せずに生きている人も少なくないと思いますが、この映画を観ながら、その中で人は何を求めるのか、「愛」とはなんなのか、この物語のタイトルが『ファーストラヴ』になった理由も考えながら少しずつ言葉を紡いで書いた曲です。曲のタイトルも映画と同じく『ファーストラヴ』にさせて頂きましたが、タイトルを考えるにあたりこれ以外のタイトルが見つからないほどに、私もこの映画に心を重ねました。映画『ファーストラヴ』に捧げる大切な一曲です」と明かしている。

『ファーストラヴ』特別映像

https://gyao.yahoo.co.jp/episode/600fdc73-085d-4701-9c96-7637e8f8516c

ストーリー

川沿いを血まみれで歩く女子大生が逮捕された。殺されたのは彼女の父親。「動機はそちらで見つけてください。」 容疑者・聖山環菜の挑発的な言葉が世間を騒がせていた。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・真壁我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねる--二転三転する供述に翻弄され、真実が歪められる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。そして自分の過去を知る迦葉の存在と、環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになるのだが…。

作品情報

北川景子
中村倫也 芳根京子
板尾創路 石田法嗣 清原翔 ・ 高岡早紀
木村佳乃 窪塚洋介
監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
音楽:Antongiulio Frulio
主題歌・挿入歌:Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:『ファーストラヴ』製作委員会 制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド
配給:KADOKAWA 
firstlove-movie.jp
公式Twitter @firstlove2021   
公式Instagram @firstlove2021   #ファーストラヴ

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Ⓒ2021『ファーストラヴ』製作委員会