あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-05

「麒麟がくる」最終回の大予想!|本能寺の変の流れは?光秀の最後は?



主人公・明智光秀の人生と同じく波乱万丈の展開を見せた2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」。放送開始の遅れや新型コロナウィルス感染症による放送中断もありましたが、いよいよ2月7日に最終回を迎えることとなりました。

戦国武将を主人公としたこれまでの大河ドラマは歴史上のヒーローが取りあげられていました。そのため、最終回は何かを成し遂げて大往生、名誉の戦死など、最後のシーンが美しくまとまっていました。

しかし光秀は、これまでの歴史の常識では主君・織田信長に反旗を翻した謀反人。本能寺の変の11日後に、備中から取って返した羽柴秀吉に破れ落ち武者狩りによって命を落としたと言われています。しかし、光秀が失意の底で落命するシーンでこのドラマが終了するものでしょうか?

本作の最終回はどのように進むのでしょうか。そして、戦国時代の大河ドラマではことごとく名シーンとなる本能寺の変と織田信長を、どのように描くのでしょうか。

放送の2月7日が待ちきれません。考えてみることにしました。

最終回はどのように進行していくのか


最終回の1話前・第43話「闇に光る樹」のラストシーンで、信長に対して強い憎しみの感情を見せた光秀。その次回予告ではもちろん本能寺の変をチラ見せしています。予想するにあたり、次回予告はもちろん無視できません。また、第43話の同日、23時40分から放送された最終回スペシャルの内容も参考にしながら、考えていくことにしましょう。

領地召し上げのエピソードは出るか



第43話の最後は、安土城での徳川家康の饗応シーンでした。これは5月15日~5月17日ごろの話で、本能寺の変のおよそ2週間前のエピソードです。

他作品で良く取りあげられる本能寺の変の周辺シーンとしては、近江・丹波という領地召し上げの話があります。その時点で奪っていない出雲・石見に国替えせよ、という信長の命令に対し憤るもの。

この命令を通して光秀は怒りを更に増し、挙兵の準備をするのではないでしょうか。

ときは今 雨が下る 五月哉



本能寺へむかう直前の光秀の定番シーンは、

ときは今 雨が下る 五月哉

と発句を詠むものです。歴史的には5月28日に愛宕山での連歌会で光秀が詠んでいますが、大河ドラマでは演出上、連歌会以外のセリフとして用いられているケースも少なくありません。

光秀がこの句をどのタイミングで詠むのでしょうか。

愛宕山の連歌会は愛宕山の僧・行祐や連歌師の里村紹巴が参加しているのですが、最終回でいきなりそうした人を登場させないように思います。もっと重要なところに人も時間も配置するのではないかと。

とすれば、光秀がこの句を詠むのは、連歌会以外ということになると思います。

具体的なシーンまではわかりませんが、なにかの折で夜空に向かって、もしくは移動中の馬上でつぶやくように詠む、と予想します。

本能寺での戦い



第43回の次回予告では、比較的明るい中、騎馬で移動する明智軍のシーンが出てきます。

そして、本能寺内の建物の縁側で戦う信長、左肩に矢を受ける信長のシーンが出てきました。

本作で、ここまで濃厚に描いてきた光秀と信長の確執の総決算が軽く扱われるはずがありません。

さらに「NHK大河ドラマ 麒麟がくる オリジナル・サウンドトラック Vol.3」では

・本能寺 I Honnoji Part 1

・本能寺 II Honnoji Part 2

というトラックが合わせて16分あります。濃密に描かれていくでしょう。

近頃の研究では光秀が本能寺に向かわなかったという説も提唱されていますが、ドラマ的には光秀が本能寺にいかなければ盛り上がりません。

2002年放送の「利家とまつ」では、戦闘の最中に萩原健一さん演じる光秀が反町隆史さん演じる信長に直接、打倒宣言をしています。

麒麟がくるのクライマックスで、光秀が信長に話しかけるシーンがあったとしても不思議ではありません。己の信じる道を、信長に声高に伝えるのではないでしょうか。

信長はどのように自刃するのか




信長の自刃シーンも大きな見どころです。炎に包まれた本能寺の奥で信長が敦盛を歌い自害する、という流れが定番です。その流れのなかで過去、様々な俳優が演じる信長が渾身の演技を魅せました。染谷将太さんがどのような信長の最期を描くのか、ワクワクが止まりません。

友情と敵意の入り混じった光秀との関係を走馬灯のように思い出しながら敦盛を舞う信長、というシーンを想像してしまいます。

ここについては、予想自体は特に難しくもないと考えています。しかし、演出面はとても凝ったものになるでしょうし、予想ができないものではないかと考えています。

NEXT|次ページ > 変の後の光秀について

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録