あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-05

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』の「5つ」の魅力を徹底解説!隠された父と息子の物語とは?

SHARE

(C)1997 青山剛昌/小学館・読売テレビ・ユニバーサル ミュージック・小学館プロダクション・TMS

1997年に公開された『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』が、2021年2月5日に金曜ロードショーで放送されます。

(C)1997 青山剛昌/小学館・読売テレビ・ユニバーサル ミュージック・小学館プロダクション・TMS

本作は今に至るまで絶大な人気を誇る劇場版『名探偵コナン』の記念すべき1作目。2016年に開催された歴代映画人気投票では、19作品中第5位と高順位の人気作となっています。

観直してみても、エンターテインメント性がものすごく高く、その後の劇場版に引き継がれる謎解きとアクションの「原点」が明確に存在する快作でした。そして、「真犯人の動機」を考えてみると、深読みができる面白さもあったのです。

ここでは、本作のさらなる魅力を「有名映画のオマージュ」「小五郎と蘭のキャラクター性」「隠された父と子の物語」「3つの事件に関連がある作劇」「後の劇場版がもっと楽しみになる理由」の5項目に分けて紹介していきましょう。

※以下からは『時計じかけの摩天楼』の結末や真犯人を含むネタバレに触れています。まだ一度も本作を観たことがないという方は、観賞後に読むことをお勧めします。

※この記事における解釈は、筆者個人の主観を元に構成しております。参考としつつ、観た方がそれぞれの解釈を見つけていただけたら幸いです。

1:有名映画のオマージュ

『時計じかけの摩天楼』では有名映画のオマージュと思しき展開があります。まず、爆弾魔に電話で指名され、次々と爆破予告と共に出題される謎に翻弄される様は『ダイ・ハード3』(1995)でしょう。



中盤の列車の速度を落とすと爆弾が爆発するというのは、『新幹線大爆破』(1975)。この『新幹線大爆破』は後の『スピード』(1994)の元ネタであるとも語られています。



そして、ラストの時限爆弾の解除にて「赤の線を切るか青の線を切るか?」という決断を迫られるのは『ジャガー・ノート』(1974)の他、多くの時限爆弾もののサスペンスで流用されたアイデアです。



『時計じかけの摩天楼』が秀逸なのは、これらの映画の展開を流用するだけでなく、しっかり独自のアイデアも打ち出していることでしょう。

『ダイ・ハード3』らしい町中を駆け巡る展開も謎解きは独自のものですし、『新幹線大爆破』な爆弾解除までにも「環状線を列車が走る」設定から新たな謎解きを提示していますし、『ジャガー・ノート』的な「赤と青のどちらを切るか」というサスペンスにおいても序盤から提示された「好きな色」や「赤い糸」などの要素から「その色を選ぶ理由」をつくり出しているのです。

何よりも、これらの有名映画の3本ぶんの「おいしい」展開がテンポ良く提示され、それらが1本の映画の中で違和感なく結びついています。これこそが、『時計じかけの摩天楼』がシンプルに面白い理由と言えるでしょう。

余談ですが、テレビ番組『水曜日のダウンタウン』の2017年4月の放送回では「赤や青の線を切ったら止まる爆弾は実在します。けっこう多いですよ」と、本作の例を引き合いに専門家から語られたことも話題となっていました。

荒唐無稽なところもある『名探偵コナン』ですが、本作では犯人がプラスチック爆弾の材料を盗み出しているなど、十分にリアリティにある、納得できる理由も語られていることも長所でしょう(爆弾が登場するサスペンスものにおいて、もっとも重要であるはずの爆薬の入手方法が語られてないことも多いのです)。

NEXT|次ページ > 2:小五郎と蘭のキャラクター性

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)1997 青山剛昌/小学館・読売テレビ・ユニバーサル ミュージック・小学館プロダクション・TMS