あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-04

「にじいろカルテ」第3話あらすじ&感想|高畑充希と安達祐実の怪演に神回決定。あの名言も飛び出した、第3話!

SHARE



高畑充希主演、井浦新、北村匠海共演の新ドラマ「にじいろカルテ」。

秘密を抱えた内科医・真空(高畑充希)が山奥にある虹ノ村の診療所で、命と向き合いながら成長していく姿を描くヒューマンドラマ。

東京から虹ノ村にやって来た真空は、ヘンテコな外科医と看護師の男性二人と共同生活を送りながら、診療所で新生活をスタートさせる物語で第1話は好意的感想が大半を占めた。脚本を手掛ける岡田惠和は、医療ドラマに初挑戦する。

「にじいろカルテ」の物語

鬱蒼とした森を抜け、怪しげなバスに乗り、山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってきた、1人の医師・紅野真空(高畑充希)。

東京の大病院の救命救急の現場からやってきた彼女には“ある秘密”があったー。降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをしていた。

導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していて…?

やがて案内された診療所で、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)と、真空は一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…?

第3話あらすじ



「私は誰なんでしょうか――?」
ある日突然、虹ノ村診療所に、いつもと様子が違う雪乃(安達祐実)が駆け込んでくる。真空(高畑充希)のことも、自分自身のことも、“なにもわからない”という雪乃に、衝撃を受ける真空。

朔(井浦新)から、雪乃は3年前から“認知症”を抱え、何度もこんな日々を繰り返しながら生きていると告げられ、動揺を隠しきれない真空。雪乃を探して診療所に駆け込んできた、夫の晴信(眞島秀和)のことも、雪乃は誰だかわからない。
“治らない病”に対してどう向き合えばよいのか、立ち尽くす真空だが、なぜか朔と太陽(北村匠海)は落ち着いた様子で…?

そんな中、ハイテンションで登場したのは雪乃の幼馴染である嵐(水野美紀)と氷月(西田尚美)。2人は、そのまま真空と雪乃を連れて“ある場所”へと誘ってゆき…?

憧れていた人生がある。だけど、どうしようもない現実も、誰にでもある。
大人だから、医者だから、諦めようとがんばっても、つらいものはつらい。
それでも生きていく。

次々に明かされる、嵐や氷月の過去。
真空自身も、自らが隠していた“現実”と向き合うことに――。

一方、無言のまま、雪乃たちを見送った晴信は、朔や太陽、そして霧ケ谷(光石研)と共に“想い出のカツサンド”を作り始め…。

果たして、すべてを忘れてしまった雪乃の運命は…?
たとえ君が忘れても、僕が全部覚えてるから――。

第3話感想

ほっこり癒され村(勝手に命名)こと、虹ノ村で病気と向き合いながらも村で唯一の内科医として勤務する真空(高畑充希)。

そんなある日、「私は誰なんでしょうか?」と、にじいろ商店の雪乃(安達祐実)が診療所に訪れた。聞けば雪乃は3年前から認知症を患っているという。
第3話は、雪乃にスポットをあてつつも、村の女性たちが抱える悩みに真空が直面。真空と同様、視聴者にとっても涙の止まらないシーンの連続であった。

また、虹ノ村診療所の外科医、浅黄(井浦新)と、看護師の太陽(北村匠海)と真空のやり取りにもほっこりさせられる。不器用ながらに真空を気遣う男性陣。
今回は3人のやり取りのなかで井浦が「アンナチュラル」(TBS系)を彷彿とさせる「クソッ」というセリフを発したかと思うと、北村は「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)を真似てか「私、失敗しないので」というあの名言を吐き、視聴者を喜ばせた。

さて、話を戻そう……。
もはや「言わずとしれたこと」ではあるが、今作の安達祐実の演技が素晴らしい。
どうしてこんなにも役になり切り、視聴者を引き付けることができるのか—。
そして、可愛いのにキレイってどういうこと? 
子役から活躍している女優さんはイメージから脱するのに苦労をするとはよく聞くものの、今やその問題はとっくにクリア。視聴者は“大人の”安達祐実にすっかり魅了されているようだ。
実際に視聴者の声を少しひろってみると

「今さらだけど、安達祐実って凄い女優だなぁって思う」

「どんな役を演じても引き込まれてしまう。安達祐実っていったい何者?」

「完全に『家なき子』のイメージを脱している。さすがとしか言いようがない演技」
などと絶賛であった。

そして、今作の主役である高畑充希の演技にも心を奪われる。

雪乃が幼なじみの嵐(水野美紀)と氷月(西田尚美)と真空の4人それぞれの悩みを涙ながらに打ち明けるシーンでは、真空も自分が抱える悩みを3人に告白。高畑のあまりにもリアルな演技に涙を流した人も多いだろう。
3話の目玉ともいえる4人の女優の熱演から改めて脚本家、岡田惠和は人間の描き方が上手いなとしみじみ感じた。

切ないけれど一生懸命生きる虹ノ村の人たち。
「みんな、幸せになって!」と叫びたい気分のまま、来週の第4話を待つとしよう。

「にじいろカルテ」作品情報

ある“秘密”を抱えて、山奥深くにぽつんと佇む診療所にやってきた1人の、ぽんこつドクター・紅野真空(高畑充希)。

そこで出会った、ツナギでグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と前髪ぱっつんのキレキャラ看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスしながら、妖怪のように個性豊かな村人たちと触れ、時に泣き、喧嘩しながら、熱く命と向き合って成長してゆく…!

―たとえ、望んでいた人生と違っても。愛する人の顔を忘れてしまっても。

「医者も、患者も、人間だから。」

人生、雨あり虹あり。岡田惠和脚本でお送りする、全然スーパーじゃないドクターたちが織り成す、笑って泣けるチーム医療成長譚が幕をあけるー!

放送日
毎週木曜21:00-

キャスト
高畑充希 
北村匠海 
井浦新
安達祐実 
眞島秀和
光石研
西田尚美 
泉谷しげる 
水野美紀 

スタッフ
脚本:岡田惠和

演出:深川栄洋

音楽:ワンミュージック

主題歌:藤井 風『旅路』(HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日) 松野千鶴子(アズバーズ) 岡美鶴(アズバーズ)

制作:テレビ朝日 アズバーズ

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録