あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-17

『あの頃。』レビュー:2000年代アイドルオタクたちの熱く燃えた青春グラフィティ!

SHARE



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

劔樹人の自伝的青春コミックエッセイを原作に、脚本・冨永昌敬、監督・今泉力哉という夢のコンビネーションで贈る、2000年代アイドル・オタクたちの青春記。

当時「ハロー!プロジェクト」に青春を捧げつつ、熱い日々を過ごした主人公に松坂桃李が扮しています。



最近はすっかりカメレオンのごとくどのような役も果敢にこなす彼、今回も一目でオタクとわかるような風貌と存在感を披露。

しかし、それが決して見ていて不快な感じにならないのは、彼の映画スターとしての好もしきオーラの賜物でしょう。

主人公と共に昼夜を問わずオタ活に励む仲間たち(仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、お笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウ、大下ヒロト)それぞれの個性もユニークに描き分けられています。



実際、彼らの行動は単なるオタク興味に留まらることなく、アイドル研究はもとよりライヴ・イベントなどパフォーマンス活動も旺盛に行うなど、実に能動的で、ついにはノリで「恋愛研究会。」なるバンドまで結成してしまうほど。

映画全体の構成は、前半部がこうしたオタクたちのファンダンゴを面白おかしく描きつつ、月日の流れは残酷なもので、いつまでもこういうことをしていられなくなる現実とも向き合わざるを得なくなっていく後半戦へ突入。

しかし、そうした中で「性格が悪い」「嫌な奴」「小心者」「ネット弁慶」などと称され、まったくもって良いとこなしなのに、なぜか憎めないキャラクターのコズミンは、アイドルやAV系に留まらず、アニメにまで興味の範疇を拡大させながらオタク道をまっとうしていきます。



このコズミンに扮する仲野太賀が出色の素晴らしさで、2021年もまだ2月になったばかりではありますが、早くも本年度助演男優賞の有力候補に推し讃えたい好演なのでした。

アイドルそのものへの興味云々を抜きにしても、若者たちの「面白うて、やがてはかなく、しかしそれでもメッチャ明るい!」青春グラフィティは、老若男女を問わず共感していただけるものと確信しております。

良いです、この映画!

(文:増當竜也)

NEXT|次ページ > 『あの頃。』作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)2020「あの頃。」製作委員会