あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

WOWOWオリジナルの新感覚ミュージカルドラマ「FM999 999WOMEN‘S SONGS」配信・放送が決定



WOWOWオリジナルドラマ「FM999 999WOMEN‘S SONGS」が3月26日(金)よりWOWOWオンデマンドにて配信、3月29日(月)よりWOWOWプライムにて放送されることが決定した。

映像クリエイター・長久允がメガホンをとり、豪華女性陣をキャストに迎えて贈る新感覚のミュージカルドラマである本作。16歳の誕生日を迎えたばかりの主人公の高校生・清美が「女とは?」とふと呟くと、突如として脳内ラジオ“FM999”がスタート。DJが清美の悩みに応じた曲をオンエアすると告げるやいなや、3人の女が登場し代わる代わる“女のうた”を披露していくというユニークな設定のもと物語は始まる。「女とは?」と呟くたびにラジオは発動。清美の日常と並行して頭の中では“女のうた”を聴きながらめぐる奇妙な冒険がはじまるのだが…。たくさんのうたに出会い、女とはなにか、清美は答えを掴むことはできるのか。

本作で脚本&総監督、そして全楽曲の作詞を担当するのは『そうして私たちはプールに金魚を、』が若手映画監督の登竜門・サンダンス映画祭にて日本人初のグランプリに輝き、続いて監督を務めた『ウィーアーリトルゾンビーズ』でも国内外の映画祭を席巻した新鋭・長久允。連続ドラマを手掛けるのは本作が初となり、女性をテーマにした完全オリジナル作品に挑戦する。

主人公の高校生・小池清美には、長久監督作『そうして私たちはプールに金魚を、』で映画初主演を飾り、長久とは3度目のタッグとなる湯川ひな。また、早くに妻を病気で失い男手一人で清美を育てる父親の小池徹を岡部たかしが、清美が恋する同じ高校の先輩・新海を倉悠貴が演じ、“FM999”のDJ(声の出演)をTARAKOが担当する。

あわせて、第4話までの豪華“ミュージカルパート”ゲストキャスト陣も解禁された。清美をめぐるドラマにあわせて、1話につき3人の女が“FM999”に登場し“女のうた”を披露していくが、その歌い手として宮沢りえ・メイリン・太田莉菜・八代亜紀・モトーラ世理奈・後藤まりこ・ともさかりえ・アオイヤマダ・三浦透子・ゆりやんレトリィバァら、多彩な女性陣の出演が続々と決定した。

ストーリー

16歳の誕生日を迎えた小池清美(湯川ひな)は不安や喜びなどぐちゃぐちゃな感情を抱いていた。「女って何?」という言葉がふと口に出た清美の頭の中にDJ(TARAKO)の声が聞こえだす。「女のうた!レイディオFM999、始まるよ」。頭の中のDJは清美の悩みに応えて曲をセレクトして届けるという。目を閉じる清美はその歌の世界でさまざまな女たちと出会い学び、葛藤を重ねていく。そんなある日、清美は放課後の教室で、進路や受験や男社会など将来の夢についていらだちを感じていた。そして思わず、「女って何?」とつぶやく。すると再び、頭の中にDJの声が響き、「FM999」が始まる。われに返ると教室でちょうど、清美の未来に大きな影響を与えることになる新海先輩(倉悠貴)と出会うのだが……。

歌い手ゲスト役名

宮沢りえ…「一番目の女」
メイリン…「毛皮のコート着る女」
太田莉菜…「漁に出る女」
八代亜紀…「総理大臣の女」
モトーラ世理奈…「女に恋した女」
後藤まりこ…「ハサミの女」
ともさかりえ…「泥棒猫の女」
アオイヤマダ…「ミラーボールの女」
三浦透子…「魔法少女の女」
ゆりやんレトリィバァ…「まゆげの女」

作品情報

脚本・総監督:長久允
演出:中村剛 大熊一弘
音楽:三枝伸太郎
音楽プロデュース:愛印
制作プロダクション:ギークサイト
制作協力:電通
製作著作:WOWOW
出演:湯川ひな 岡部たかし 倉悠貴 / TARAKO
   第1話ゲスト 宮沢りえ メイリン ほか
   第2話ゲスト 太田莉菜 八代亜紀 ほか
   第3話ゲスト モトーラ世理奈 後藤まりこ ともさかりえ
   第4話ゲスト アオイヤマダ 三浦透子 ゆりやんレトリィバァ

放送予定日

WOWOWオンデマンド
3/26(金)配信スタート
毎週金曜配信[無料トライアル実施中]

WOWOWプライム
3/29(月)放送スタート
毎週月曜よる9:30
(全10話)

脚本&総監督・長久允 コメント

この物語は、女性のための物語です。
男が作るものではないかもしれない。しかし、作らざるをえない使命感を感じています。社会にまだ残る男女差のこと。身体的なこと。性について。とても繊細で、難しいテーマですが、歌という、詩的な表現で、脳だけではなく心に、届けることができたなら、と思っています。湯川さん、TARAKOさん、そして歌うキャストの方々のバラバラの魅力も、爆発させていただき、見たことのないドラマにしてゆきます。

主演・湯川ひな(小池清美役) コメント

2020年を経た今、時代は新しい価値観へと動いているように感じます。私が演じる清美は、子供から大人への移行期として混乱の中にいます。それは私たちの状況と重なるところがあると思っています。今、この作品が生まれることの意味を強く感じます。長久監督と素晴らしいスタッフの方々、TARAKOさんはじめ、魅力的な”女”たち、キャストの皆様との創作時間が楽しみでなりません。未熟ながらも精一杯努めますので、ぜひご覧ください!

TARAKO(DJ役・声の出演)コメント

初めて本を読ませていただいた時、長久監督の視点のすごさにまずやられました。
そして本読みでお会いした主役のひなちゃんの透明な空気に幸せを感じました。
私はまだクランクイン前なのですが、早くその世界を目の当たりにしたいです。
そしてそれを紡ぐパーツになれることが嬉しくてたまらない。
女?おんな?オンナ?Onna?
もっと知りたいもっと観たいもっともっと…って求めて求めて…
エンドレスの始まり始まり〜♪
ぜひご覧下さいね!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録