あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ガンズ・アキンボ』レビュー:“ハリー・ポッター”がデスゲームに強制参加!?

SHARE



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

最初に申しておきますと、これは2021年早々にして、映画ファン発狂&歓喜&喝采もののカルトティックな一大快作です!

題材はネット配信されて大人気の“殺し合いゲーム”という実に物騒なもの。

しかも、そんなデスゲームに無理やり参加させられてしまうのが、あの“ハリー・ポッター”で知られるダニエル・ラドクリフなのです!

ハリー・ポッター・シリーズ初期の可愛らしさから早20年近く経ち、大人になったラドクリフ、何だか変な作品ばかり好んで出ているような……。

少しばかり検証していきましょう!

両手に拳銃を固定された
クソリプ男の壮絶な受難

ジェイソン・レイ・ハウデン監督による2019年度作品『ガンズ・アキンボ』は、殺し合いを生配信する闇サイト“スキズム”に人々が熱狂して久しい架空の(いや、もしかしたらリアルな?)現代社会を舞台にしたものです。



主人公はさえないゲーム・プログラマーのマイルズ(ダニエル・ラドクリフ)。

仕事のストレスやら恋人のノヴァ(ナターシャ・リュー・ボルディッソ)と別れた事やら、そもそも自分の情けない性格にうんざりもしている彼は、困ったことにネットのコメント欄に過激な書き込みをする、実に残念なクソリプ男と化しながら日々の鬱屈を晴らしていました。

が、そんな彼がスキズムにクソリプを送りまくってしまったことで、サイトの運営者リクター(ネッド・デネヒー)は激怒!

その報復として、リヒターは手下とともにマイルズの自宅を襲撃!(IPアドレスで、自宅の住所なんてすぐばれちゃうんですよね。だからクソリプなんて、やはりやらないほうが身のため!?)

そして翌朝目が覚めたマイルズは、何と両手に拳銃をボルトで固定されていた!



いきなりワケもわからないまま両手をふさがれて、ケータイもかけられなければトイレもまともにできない(そもそも見るからに、手が痛そう!)。

パニックに陥いる暇もなく、彼の許には殺し屋ニックス(サマラ・ウィーヴィング)が現れた!

実はマイルズ、スキズムに強制参加させられてしまい、24時間以内にニックスを殺さなければ自分が殺されるという、とんでもない受難に追いやられてしまったのでした。

着替えすらまともにできないまま、パンツに虎のサンダル、ガウン姿で外へ逃げ出していった(しかも階段をずり落ちながら!?)マイルズですが、その姿はドローン映像で世界中の人々に配信されています。

果たして彼はこのデスゲームの勝利者になるのか?(まあ、素人がそりゃ無理かな)

殺されるしかないのか(普通に考えれば、こっちが妥当でしょうね)

はたまた……!?(それは見てのお愉しみ!)



ちなみに“ガンズ・アキンボ”とは“二丁拳銃”という意味があります。
(劇中、主人公を初めて見たニックスが「香港映画か?」と言ったとき、思わず笑っちゃいました)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > デスゲームを愉しむ悪意を昇華させるエンタメの効能

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.