あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』レビュー:「こういうとき、どんな顔すればいいかわからないの」



時は2021年3月11日。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』終劇後、TOHOシネマズ六本木、7番スクリーンのど真ん中の席で、一人の中年男性が脱力していた。筆者である。

脱力していた理由は長時間上映による体力の低下でも、映画の出来栄えが悪かったわけでもない。いや、もう、めっちゃ面白かったです。と、勢い敬体になるくらいは面白かった。ただ、「エヴァンゲリオンシリーズ」が確実に終わってしまったという、祭りのあとの寂しさが、いやでもやってきたからである。

さて、公開から1週間ほどだというのに、既に解説・深堀・直感による感想まで、あらゆる言説がネット上に溢れている。これも「何か言いたい」「何か言わせろ」というよりも、居なくなってしまった人や物について語り合うように、「ほぼ確実に続きを観られない、完結した作品」に対しての寂しさを紛らわせる行為に近いのではないか。何ならもう、供養に近い。

よって、筆者も本コラムをもって、庵野秀明が私達にもたらした「良い知らせ」に対する感謝の意味を込めて、言葉を供物とし、寂しさの理由を掘り下げていく。

※以下、ネタバレ有りです。未鑑賞の方はご注意ください

→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

NEXT|次ページ > 「祭りのあとの寂しさ」は、碇シンジが大人になってしまったことによる

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録