あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『罪の声』で大注目の宇野祥平!多すぎる出演作から必見の2作を紹介!


(C)2020 映画「罪の声」製作委員会

実際にあった誘拐・企業恐喝事件をモチーフにした塩田武士のベストセラー小説を小栗旬・星野源の(実質)W主演で映画化した『罪の声』。
本作で、終盤に登場したもう一人の“罪の声の子供”を演じ、物語の影の主役、裏の主人公として強烈な印象を残したのが長年映画ファンの間では名バイプレイヤーとして愛されてきた宇野祥平です。
この名バイプレイヤーは本作の演技で大ブレイク。日本アカデミー賞他多くの映画賞に輝く高い評価をうけ、一躍、映画ファン以外からも「何だこの人は!?」「こんな人いたのか!?」という声が上がるようになりました。

そこで、この知る人ぞ知る存在から、一躍みんなが気になるバイプレイヤーとなった宇野祥平をピックアップ、多すぎる出演作品から絶対に見た方がいい2本の映画を中心に、これからの公開予定作品なども含め追っています。

多すぎる出演作

宇野祥平の出演映画はざっと数えても150本近くあります。その多くは主人公を取り囲む大勢の一人が多く、中にはワンシーンだけの登場なんてこともあります。しかし、それも積みあがればクセになってくるもので、宇野祥平の存在は映画ファンの中では「また出てる!?」といった感情を思い起こさせる忘れ難い存在になっていました。

そんな宇野祥平はインディペンデントな作品から『舟を編む』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などのヒューマンドラマ、『罪の声』『64-ロクヨン-』前後編のような群像超大作、果ては『ウルトラマン』や『仮面ライダー』にまで出演しています。

2020年だけでも出演した映画が『37セカンズ』や『事故物件 恐い間取り』、インパクトを残した『本気のしるし』などなど大小12本(月1本!?)もの映画が公開されている宇野祥平。正直言ってこの作品をというモノを挙げるのは至難の業です。

刺激的なホラー・サスペンスを手掛け続ける白石晃士監督と組んだ『殺人ワークショップ』や『超・暴力人間』『オカルト』などでは珍しく(と言っては失礼ですが)宇野祥平が主演してます。ただ、これらは少しエッジがとがり過ぎている作品でもあって、ちょっと気軽にお薦めしきれない部分もあります。

そこで、大変乱暴ですが、宇野祥平の映画で必見の映画を2つに絞りました。150本から2本だけというのも無理があるようですが、彼が無名のバイプレイヤーであると同時に確かな演技力の持ち主であることが分かる2本です。

NEXT|次ページ > 必見の2作品とは?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録