あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

庵野秀明監督「プロフェッショナル 仕事の流儀」の言葉にならない衝撃ベスト5|シン・エヴァ製作現場がすごすぎた!

SHARE

(C)NHK



→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

2021年3月22日、NHK総合にて「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」が放送されました。

このドキュメンタリーは、現在上映中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の製作現場で働く、庵野秀明(総)監督に4年にわたって独占密着をしたもの。その内容は、衝撃という言葉では足りませんでした。

ここでは、筆者が独断と偏見で選んだ、同番組の「言葉にならない衝撃」のベスト5を紹介します。当然、番組内容のネタバレとなりますので、ご覧になってからお読みください。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の内容もごくわずかに含んでいるので、そちらを未見の方もご注意ください。

5位 初っ端のナレーションが前代未聞

言葉にならない衝撃の瞬間は番組開始から数分、連続で訪れました。ナレーションで「密着を始めてまもなく、私たちは悟った。この男に安易に手を出すべきではなかったと」言った上に、「伝説のアニメ『エヴァンゲリオン』が完結すると聞きつけ、取材を申し入れた。だが、それが苦行のような日々の始まりだった」「密着は伸びに伸びて、番組史上最長の4年、類をみないものとなった」と語られているのですから。

(C)NHK

その後も、庵野監督は「取材の仕方が気になる」「僕に撮ってもしょうがない時に、僕にカメラを向けていますよね」「僕の周りにいる人が困っているのが面白いんですよ」などと、と番組スタッフにダメ出しまでしていました。

他にも、庵野監督が合宿や仕事場に現れない日もあるなど、シーンごとに番組スタッフの苦労を想像せずにはいられず、前述した「苦行の日々」とまで宣う前代未聞の冒頭のナレーションが大納得できるものでした。アニメの製作スタッフも大変だけど、4年間も付き合い続けた番組スタッフもまた大変。その甲斐あって、まさに類をみない、歴史的なドキュメンタリーになっていたと思います。

4位 ものすごい「やり直し」があった

庵野監督は作品の冒頭にあたるAパートで「シンジの放浪をトンネルだけで構成する」ことを思いついたそうですが、その2ヶ月後、メインスタッフを集めた会議で「あまりうまくいっていないから、(9ヶ月かかった冒頭の4分の1を)できればゼロからやり直す」と言い放ち、ナレーションでも「この後に及んでの脚本のやり直しは異例」と告げられます。そのやり直しの理由は、「長い」「説教くささがあった」など、スタッフの一部から不評の声があがっていたからなのだとか。

(C)カラー (C)NHK

その後も、「2018年冬、作品は着々と完成に進みつつあった……とは言えないのがエヴァンゲリオンであった」というナレーションの後、作品の4分の1にあたるDパートが固められないまま、庵野監督は過去最大級に脚本をやり直すことになります。しかも、2ヶ月経っても脚本の内容が固まらないまま、前半のアフレコが始まったりもしたのでした。アフレコ現場でも、庵野監督はシンジのセリフを書き足していたのだそうです。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 から8年以上も間が空いた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でしたが、脚本も製作現場も本当にギリギリのスケジュールで動いていたのは間違いありません。「自分の命よりも、作品」というテロップも表示され、終幕ではスタッフからの「なんでそこまでされるんですか」という質問に、「僕が最大限、人の中で役に立てるのは、そこしかないから」とまで答えていました。完璧主義者というよりも、作家としての執念の凄まじさが、この作品を完成させたのでしょう。

→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 次のページで3位から1位まで紹介!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)カラー (C)NHK