あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『パーム・スプリングス』レビュー:永遠に「今日」を繰り返す男女のファンタなラブコメ快作!

SHARE



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

妹の結婚式の夜に知り合った男性ナイルズ(アンディ・サムバーグ)のトラブルに巻き込まれ、おかげで一度眠ると結婚式の朝に時間がリセットされるという、無限のタイムループに陥ってしまったヒロイン、サラ(クリスティン・ミリオティ)の一大受難!

永遠に同じ時間を繰り返す無限地獄を描いたSFやファンタジー作品そのものは特に珍しいものではありませんし、最近も毎日ヒロインが殺される羽目になるブラック・ファンタジック・コメディ『ハッピー・デス・デイ』(19)が人気を博したばかり。

しかし、こちらもなかなかにポップでノーテンキなラブコメ快作として、大いに楽しませてくれます。



そもそもは先に永遠の「今日」を繰り返していたナイルズ(恐らく40年くらいはずっと同じ1日を繰り返している!)の日常に、サラが新たな仲間として加わったという設定がユニークですが、このふたりのドタバタな関係性が、舞台となる砂漠のリゾート地“パーム・スプリングス”そのものの明るさや開放感と見事にマッチし、ふたりのタイムループ脱出作戦の数々が抱腹絶倒の面白さとして快活に機能していきます。

定番と言ってしまえばそれまでの設定ではあれ、脚本のテクニックやそれに準じた舞台設定や役者の個性、そしてもちろん演出の冴えなどによって、映画はいくらでも新しい潤いをもたらすことができるという、好例中の好例。



なぜかナイルズの命を狙う謎の男ロイ(『セッション』で鬼教師を演じたJ・K・シモンズ!)の真実にしても何とも言えない味わいがあり、そうこうしていくうちに主人公ふたりの関係性も含めて、妙にヒューマニスティックな情緒がもたらされていくあたりも絶品です。

この春の肩の凝らないデート・ムービーとしても、最適な1本としてお勧め。

恐らく鑑賞中、誰しも一瞬くらいは「こんな幸せがいつまでも続くのなら!ってほどにハッピーな日であれば、永遠にループしてもいいかな?」なんて気持ちにさせられてしまうこと必至です!

(文:増當竜也)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『パーム・スプリングス』作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(c)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.