あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

挑戦の人 綾野剛の魅力|いつまでも「見たことがない」が続く


水曜ドラマ「恋はdeepに」より @日本テレビ

ここへきて綾野剛の出演作が立て続いています。

綾野剛本人も認めている通り、異例の作品発表ペースです。今までの綾野剛は特にドラマ作品では作品と作品のスパンを比較的長めに取って役作りに挑んできました。

デビュー直後は映画にしてもドラマにしてもキャリアを積むために作品数が多かったのですが、2010年代に入りメインキャスト、さらに主演を務めるようになると、ドラマへの出演スパンは1年~2年の時間を意図的に空けてきました。(映画はそれほどではありませんが…)。

そんな綾野剛が前のドラマ「MIU404」』からわずか半年で連ドラ「恋はDeepに」に出演します。しかも主演作としては初のラブコメです。

その一方で映画俳優としては2021年1月公開の『ヤクザと家族The Family』がロングランになっていることに続いて、主演映画『ホムンクルス』が4月2日に劇場公開。さらに、この『ホムンクルス』は4月22日からはNETFLIXで全世界配信されることが決定しました。

そこで、このタイミングで2003年の俳優デビュー以降いつまでも“見たことがあるが無い”“既視感がない”俳優・綾野剛を振り返っていきたいと思います。

デビューは仮面ライダーの怪人!!



学生時代に陸上選手として活躍した後にモデル・バンド活動を経て2003年の「仮面ライダー555(ファイズ)」で俳優デビューします。

今や、若手俳優の登竜門となっている仮面ライダー。平成ライダーの第一弾「仮面ライダークウガ」の主演がオダギリジョーだったことから始まり、「仮面ライダー電王」の佐藤健、「仮面ライダーW」の菅田将暉、「仮面ライダードライブ」の竹内涼真などなど主演級ビッグネームが名前を連ねます。

「仮面ライダーフォーゼ」に至っては主役ライダーが福士蒼汰で2号ライダーが吉沢亮という並びでした。そんなわけで綾野剛も王道路線のスタートをきったのかと思いきや、なんと綾野剛は「555」の中盤にキーマンとして登場する怪人役。悪役としての登場でした。
しかし、独特の静謐な雰囲気を漂わせたキャラクターは大きな注目を浴び、その後のキャリア形成に進んでいきます。

翌年には映画デビューを飾り、以降大小の役どころで様々なキャラクターを演じてきて、その出演数はすでにドラマで30本以上、映画では60本以上にのぼります。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ドラマの綾野剛

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録