あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

竹野内豊はコメディでこそ活きる!! 竹野内豊コメディ作品5選


(c)フジテレビ

現在、月9ドラマとして放映中のドラマ「イチケイのカラス」。

“職権を発動して、捜査をする裁判官”という異色の設定ではあるものの、地に足のついたヒューマンドラマであり、大小の小ネタが含まれたコメディ作品でもあります。
この『イチケイのカラス』で型破りのクセモノ裁判官の主人公入間みちおを演じているのが11年ぶりの月9主演となる竹野内豊です。 

キャリアのスタートはイケメン枠

竹野内豊はモデルとしてデビューした後に「星の金貨」シリーズ、「ロングバケーション」で注目を浴びると「理想の結婚」そして反町隆史とW主演した「ビーチボーイズ」で大ブレイク。

以降イケメン枠をキープし続けています。今年で50歳になるということで年相応に渋さも漂わせてきましたが、それでも油断すると(?)イケメン枠の立場で「氷の世界」「流転の王妃・最後の皇弟」「人間の証明」、映画『冷静と情熱のあいだ』『シン・ゴジラ』『さまよう刃』(今年役柄を変えてドラマ版に主演!!)などなど端正な顔立ちにあったシリアスなキャラクターを演じることになってしまいます。

しかし、敢えて誤解を恐れずに断言すれば竹野内豊が活きるのは“コメディ”のジャンルです。「BOSS」や「ビーチボーイズ」「できちゃった結婚」などで見せた軽やかな演技は端正な見た目とのギャップもあって、笑いを誘います。

そこで、今回は特に“コメディ”に特化した竹野内豊出演作品5選をご紹介します。

「イチケイのカラス」


(c)フジテレビ

目下、月9枠で好評放映中のドラマ。

元弁護士の裁判官入間みちおが“職権を発動して、裁判所主導で事件を再捜査する”(=膨張マニアの間では“入間った”と言われている)という異色のリーガルドラマ。

竹野内豊演じる入間は12年前のある事件を機に弁護士から裁判官に転向した、異色の経歴の持ち主。法服こそ身にまとうものの、その下はカジュアルなファッション、しかもきれいに整えられた髭まではやしているという、一見すると裁判官には見えないキャラクター。

ふるさと納税が趣味で、いたずら好き、相手の心を読んで、わざと声に出すなどなどトリックスターぷりを発揮しています。事件の処理数を上げるために赴任してきた黒木華演じる坂間千鶴とは何から何まで正反対で、ことあるごとに怒られています。12年前の事件が今の行動の大きな原動力になっているようで、この辺りの展開次第では軽くない入間も見ることができるかもしれませんね。

竹野内豊は同時期に超シリアスなWOWOWのドラマ版の「さまよう刃」(かつての映画版では刑事役だったところを、今回は主人公の父親役に…)を撮っていたはずなのですが、こちらの「イチケイのカラス」では飄々として軽やかなキャラクターを好演しています。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2作品目は

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録