あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『コンティニュー』、目覚めても目覚めても"殺され続ける"!?新境地ループもの!

© 2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved



フランク・グリロ、ナオミ・ワッツ、メル・ギブソンがタッグを組んだ、新境地ループもの映画が誕生! 「コンティニュー」は何度目が覚めても”殺され続ける”一日を繰り返す男・ロイが主人公。フランク・グリロ演じる彼は、何度も何度も”殺され続ける”一日を送りながら、時がループしてしまう原因を探している。鍵を握るのは、ナオミ・ワッツ演じる元妻だ。

なぜ時はループしてしまうのか? なぜ命を狙われるのか?



必ず同じ時間に目覚め、必ず同じ敵たちに殺される。

酒好きで少々女にもだらしない主人公・ロイは、ある日を境に同じ一日をループし続ける身体になってしまった。命を狙ってくるのは決まって同じ敵たちだ。使われる武器も一緒、出現するタイミングも一緒、口にする言葉も一緒……。ロイの行動によって多少の変化はあるものの、結果はいつだって同じ。ロイが殺されると一日は終了、そしてまた同じ朝に戻ってくる。

なぜ同じ一日が繰り返されるようになってしまったのか、どうしてロイは命を狙われるようになってしまったのか? その鍵は、元妻が握っている。同じ一日を繰り返しながらも、小さなヒントをかき集めながら真相に迫っていく展開が見事だ。流れの良いテンポに巻き込まれ、いつしか観ている私たちもともにループの謎を追っている。

フランク・グリロの肉体美、後ろ姿まで美麗なナオミ・ワッツ



物語の詳細は本編に譲るとして、特記しておきたいのがフランク・グリロとナオミ・ワッツそれぞれの”美しさ”である。

命を狙われ続けるロイを演じるフランク・グリロ、その役柄ゆえにアクションが多い。敵の攻撃を避け続け、真相を追って走り回るその姿に、肉体美を感じざるを得ないのだ。思わず「かっけえ……」と呟いてしまうシーンが点在する。アル中の女好きというとんでもない男として登場するが、最初に抱く悪い印象は物語が展開するにつれ消え失せるのでご安心を。

そしてナオミ・ワッツの美しさについても書かずにはいられない。どの角度から見ても綺麗だが、とくに注目してほしいのはとあるシーンで見られる彼女の後ろ姿。こんな黄金比な去り際見たことない……! と口に手を当ててしまった。美麗な後ろ姿をどうか見逃さないでほしい。

(文:北村有)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『コンティニュー』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved