あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

横浜流星、演技の振れ幅|アクション系天才キャラからイマドキの若者まで

SHARE


ドラマ「着飾る恋には理由があって」より ©TBS

時には男子高校生、時には天才大学生、時にはパンダの飼育員……。

令和を代表する若手俳優として、着実に知名度を上げている横浜流星。毎週火曜22:00放送のドラマ「着飾る恋には理由があって」で演じる藤野駿についても、これまでの横浜流星とは違う表情が見られると好評である。

過去には話題作「あなたの番です」や映画『虹色デイズ』などに出演。それぞれの作品で異なった魅力を放出してきた。アクション系天才キャラからイマドキの若者まで、その演技の振れ幅に注目したい。

「着飾る恋には理由があって」横浜流星演じる駿が新感覚男子


ドラマ「着飾る恋には理由があって」より ©TBS

火曜22:00放送中「着飾る恋には理由があって」では、川口春奈とW主演。キッチンカーで手料理を提供する個人事業主の料理人・藤野駿を演じる横浜流星。このドラマで見られる横浜流星は、これまでとは印象が違うのである。

まずは、そのキャラクターだ。飄々と軽すぎるわけではなく、かといって真面目でお固すぎるわけでもない。実に「ちょうどいい」バランスを保った青年なのである。川口春奈演じる真柴くるみとは、シェアハウス内で共同生活を送ることになるのだが、つかず離れずな距離の縮め方が新しい。「これが令和のラブコメなのか……」と妙に真剣に観てしまう。

1話で印象に残ったシーンを挙げよう。とある理由から大急ぎで目的地へ移動しなければならなくなったくるみを、たまたま通りかかった駿がキッチンカーで送り届ける冒頭のシーンだ。「写真や動画をアップしなくちゃ」「バッテリーを忘れたから充電させてほしい」と慌てふためくくるみに対し、「物悲しいですね」と一刀両断する駿。テレビやネットなどに興味がなく、スマホも家に置いたままだという駿にくるみは驚く。最初の出会いから、ふたりの見ている世界がいかに違うのかを見せつけられるシーンだ。

このシーンの駿の言葉まわしに、思わず注目してしまう。「私、携帯がなかったらソワソワしちゃって、いてもたってもいられません」と言うくるみに対し、「物悲しいですね。電車でもみんな、こうやって見てますもんね」と返す駿。「自然の声に耳を傾けないと」と続ける彼の表情や声音には、目の前の相手に不要な忖度をする色はいっさいない。

一般的には、初対面でここまで自分の哲学を開示することはないだろう。ある意味、空気を読めてないとも言える。「相手が何をどう思おうとも、自分はこう思う」と自分の意見を主張することを許されてきた、令和に生きる若者代表といった印象が拭えない。しかし、その思い切り加減が妙に清々しいのだ。


ドラマ「着飾る恋には理由があって」より ©TBS

妙な忖度をしない人物かと思いきや、人懐っこい面を見せたり、急に距離を縮めてきたりなど、先が読めない部分もある。

2話の冒頭では、くるみが広報を務める会社「el Arco Iris」の路面店へ視察へ行った帰りに、たまたま駿のキッチンカーが止まっているところを発見。くるみが「カレーひとつ」と注文するや否や「俺に会いに来たんじゃないの~?」と駿が軽口をたたくシーンがある。隣の部屋同士で共同生活をしている気安さも手伝ってか、その後も笑顔を見せたり真摯な一面を見せたりと、表情がくるくる変わるのだ。見ていて飽きない。その急な距離の縮め方も、彼なりの誠実なステップがあってこそだとわかる。

「着飾る恋には理由があって」の横浜流星は、なんとも新感覚な男子なのだ。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 爽やかイマドキ男子高校生な横浜流星がみられる映画『虹色デイズ』

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録