あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-05-28

公開情報

『竜とそばかすの姫』役所広司が主人公の父親役で出演決定!細田守監督作は三度目



スタジオ地図が贈る細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』に、細田作品三度目となる役所広司が、主人公すずの父親役で出演することが分かった。

先日、主人公・すず(ベル)と竜の声優キャストに先駆け、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りらが同級生役を、<U>を取り巻く個性豊かなキャラクターを森川智之、津田健次郎、小山芙美、宮野真守といった豪華な面々が演じることが解禁となり、さらに、幼い頃に母を亡くしたすずを母親替わりとして見守る合唱団のメンバーに森山良子、清水ミチコ、坂本冬美、岩崎良美、中尾幸世といった歌唱のプロフェッショナルが集結したことが発表された。

すずを取り巻く登場人物を演じる豪華キャスト陣が続々と発表される中、すずの父親役で、細田作品三度目となる役所広司の出演が決定。過疎化が進む高知の田舎町で高校生の娘と二人で暮らし、思春期の娘との接し方や距離感に悩む父親役を演じる。妻という大きな存在、そして母という大きな存在をそれぞれ突然亡くし、心に傷を抱えたまま、時と共に距離も開いてしまった父と娘。うまく言葉を交わせないながらも、娘を心配し、あたたかく見守る父親に、役所の優しい雰囲気と繊細な演技が重なり、説得力が増している。

アフレコ合間には、「(役所)子供が女の子だと、お父さんは近寄りがたいとか、気を遣っちゃうみたいなこともありそうですよね…」「(監督)男の子でも、お父さんと距離がある瞬間みたいなものはありましたか?」「(役所)後から聞くと、気を遣っていたという話はしましたね…」と子を持つ親同士の雑談も交えつつ、その後、親子の距離感を見事に役所が表現し、監督からOKが出るなど、二人の信頼関係を感じさせるやり取りも垣間見られた。

『未来のミライ』以来の声優ということもあり、「アフレコは緊張しました」と笑いながら話すが、細田監督から「是非この役を役所さんに演じてほしい!」とオファーを受け、今回応える形となりました。アフレコを終えて細田監督は「役所さんの演じたすずの父のお声から娘(すず)がどういう状態でも受け止める、という父親の覚悟を感じました!役所さんに演じていただけて、本当に光栄です!!」と大絶賛した。

また、日本テレビ「金曜ロードショー」で、役所が主人公・熊徹を演じた『バケモノの子』を含めた細田作品が3週連続放送される。

●日本テレビ「金曜ロードショー」
7月2日(金)よる9時00分~11時19分 ※放送枠25分拡大 本編ノーカット
『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)

7月9日(金)よる9時00分~11時19分 ※放送枠25分拡大 本編ノーカット
『バケモノの子』(2015年)

7月16日(金)よる9時00分~10時54分
『サマーウォーズ』(2009年)

コメント

役所広司

細田監督の大ファンで、作品をいつも楽しみにしているので、『バケモノの子』『未来のミライ』と続き、今作も参加できてとても嬉しいです。今回は主人公の父親役で、出来るだけ絵の雰囲気に近いやさしさと思春期の娘を持つ父親の距離感を大切に、互いに深い傷を持ちながらも寄り添っていく過程を表現できたらいいなと思いながら演じました。娘のすず役の方は、張った声もささやく声も素敵で、声のコントロールが自在にでき、歌も素晴らしかったです。

監督の絵コンテを観ると、自由な発想がそのまま映像になるアニメは、つくづくすごいなと感じます。高知と<U>の風景のギャップは、メリハリが効いていて、この映画の醍醐味だと思います。僕はSNSには疎いですが、若い方々は身近に感じながら生活しているので、今作で自分がインターネットの中で生きている姿を客観的に見ているような不思議な体験ができるのではないでしょうか。出来上がりはまだ想像もつきませんが、監督の作品は非常にダイナミックな一方、家族を丁寧に繊細に描き、子どもが大きく成長する物語が多いので、この映画を見て、コロナ禍の中ですが、子どもたちが、前向きに生きる勇気や希望が持てるようになることを期待しています。

ストーリー

自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

作品情報

▼原作・脚本・監督 細田守                        
▼企画・制作 スタジオ地図
▼製作幹事スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事
▼映画公式ホームページ ryu-to-sobakasu-no-hime.jp
▼映画公式twitter @studio_chizu
▼映画公式Instagram @studio_chizu
▼映画公式facebook @studiochizu
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021 スタジオ地図