あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『スタンド・バイ・ミー』と合わせて観たい名作ジュブナイル映画10選


(C)1986 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

世代を越えて愛される名作『スタンド・バイ・ミー』が2021年5月28日の金曜ロードショーで放送されます。

近年、配信サービスから大人気となった『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や、大ヒットを記録した『IT/イット』2部作にも多大な影響を与えた本作。

今回はそんな名作の放送に合わせて、同じく10代の少年少女が活躍するジュブナイル映画10作品をご紹介します!

言わずと知れた名作から、知る人ぞ知る日本映画まで。趣向が異なる作品群を「王道系」「スリラー・ホラー系」「変わり種系」という3つのカテゴリーに分類してみました!

是非、気になる作品を発見して、『スタンド・バイ・ミー』の予習・復習に鑑賞してみては……?

王道系(4作品)

その1:『E.T.』




ジュブナイル映画の代表格と言えば、やっぱり、この映画。

ハリウッド映画の名匠・ スティーヴン・スピルバーグ監督による不朽の名作『E.T.』。
地球で迷子になった宇宙人E.T.と、優しい少年・エリオットの心温まるSFファンタジーです!

有名なテーマソングや特徴的な宇宙人のヴィジュアルなど、本編を観たことがなくとも知っている人は多いのでは?

ちなみに、2019年にはとある会社のPR映像として、本作の続編となるショートフィルムが制作されました。
監督は異なりますが、世界観を引き継いだ感動の内容になっており、ファンは必見の作品になっています。



その2:『グーニーズ』




 
忘れてはならないジュブナイル映画の傑作と言えば、やはり『グーニーズ』でしょう。

海賊ギャング宝の地図洞窟と、ワクワクする要素が盛り沢山の本作。
家族や友人とのドラマが描かれた物語も素晴らしく、今もなお語り継がれるアドベンチャー映画の傑作。

シンディ・ローパーさんが歌う主題歌も印象的な一作です!

その3:『Dearフレンズ』



 
知名度は低いですが、隠れたジュブナイル映画の傑作と称されるのが『Dearフレンズ』!

数十年ぶりに集まった幼馴染み4人が過去を回想する内容は、女性版『スタンド・バイ・ミー』と呼ばれることも……。
長い年月を経て再会した親友同士の"変わるもの"と"変わらないもの"、"死"と"生"を対比した物語。

『Daydream beliver』や『sugar sugar』、The Jackson 5の『I want you back』など、名曲に乗せて、描かれる青春の日々が印象的な作品です!

その4:『mid90s ミッドナインティーズ』




近年公開された作品の中でも、とりわけ注目されたジュブナイル映画は『mid90s ミッドナインティーズ』でしょう。

1990年代を舞台に、スケートボードにハマった13才・スティーヴィーが反抗的な行動を経て、大人への階段を上っていく物語。

製作・配給を担当したのは『ムーンライト』『レディ・バード』『ミッドサマー』など、数々の注目作を手掛けてきた会社・A24

俳優やコメディアンとしても活躍するジョナ・ヒル監督が、実体験を基に描いた物語は、多くの若者の共感を呼びました!
スタイリッシュな映像・音楽・小道具の数々によって再現された、当時のストリートカルチャーに、誰もが惹きこまれてしまう作品です。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 続いて「スリラー・ホラー系作品」をご紹介!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録