あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『クルエラ』レビュー :憧れずにはいられない新たなヴィラン像を描いた傑作!



ディズニーの実写映画『クルエラ』が、2021年5月27日(木)に映画館で、5月28日(金)にDisney+(ディズニープラス)プレミアアクセスで公開されました。

本作の主人公は、ディズニーアニメ『101匹わんちゃん』に登場するヴィラン「クルエラ・ド・ビル」。一人の少女が、いかにしてディズニー史上最も悪名高きヴィランに変貌していくのか。クルエラ誕生の秘密が、ようやく明かされます。

クルエラを演じのは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーン。『ハワーズ・エンド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・トンプソンや、『キングスマン』でお馴染みのマーク・ストロングなど、豪華キャストにもご注目!

少女「エステラ」が「クルエラ」に変貌するまでを清々しく描き切る!



舞台は1970年代のロンドン。生まれつき人と異なる髪色を持つ「エステラ」は、ファッションデザイナーになることを夢見ていました。そんなある日、エステラは、カリスマ・ファッションデザイナー「バネロス」と出会います。バネロスのもとで働くことになったエステラは、デザイナーとしての才能を開花させていくのですが......。

ファッション業界を背景に繰り広げられる、傍若無人なカリスマ上司「バロネス」と才能溢れる新人「エステラ」のやりとり。まるで『プラダを着た悪魔』を彷彿させます。このまま、少女「エステラ」のサクセス・ストーリーとして展開するのか......?と思った矢先、あることをきっかけに物語が思わぬ方向へ転がります。
エステラが封じ込めてきた過激な内面が一気に解き放たれ、「クルエラ」として覚醒していく様子には、清々しさを感じました。

クルエラといえば、ダルメシアンとの関係も気になるところ。『101匹わんちゃん』でクルエラは、なぜ、あんなにもダルメシアンの毛皮に執着したのか。本作では、クルエラにとってダルメシアンは、トラウマとなり得る存在であることが判明しました。(重要なネタバレになるので詳しくは明かせませんが......)ダルメシアンを見つめるクルエラの眼差しには、複雑な感情が入り混じります。
本作のクルエラが、『101匹わんちゃん』の悪行につながっていくのか。解釈が分かれるポイントかと思います。本作を観て、確認してみてください!

また、『101匹わんちゃん』の泥棒コンビ、ジャスパー&ホーレスも登場。幼少期に親を亡くしたエステラとジャスパー&ホーレスは、家族のように支え合いながら生きてきました。エステラが才能を発揮するきっかけを作ったのも、ジャスパー&ホーレスなのです。そんな二人も、エステラがクルエラとして変貌していく様子に戸惑い、見放そうとします。が、結局クルエラに協力してしまう二人。『101匹わんちゃん』には描かれなかった三人の関係性に、感慨深くなりました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『101匹わんちゃん』『101』とは一味違う「クルエラ」像

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.