あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『コンティニュー』レビュー:毎日殺されては強くなっていく主人公のタイムループ・アクション映画!



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

同じ1日を永遠に繰り返すという「タイムループ」を題材にした作品が、このところ日本でお目にかかる機会が多く感じられます。

4月にもラブコメ仕様の『パーム・スプリングス』(20)が公開されたばかりですし、毎日誰かに殺されては同じ朝を迎えてしまうという本作の設定そのものはホラーチック・コメディの『ハッピー・デス・デイ』(17)と同傾向ではあります。

ところで監督のジョー・カーナハンは、本作について「アクション映画版『恋はデジャ・ヴ』(93)」と称していたとのこと。

しかし問答無用に撃たれるは、轢かれるは、首を斬られるは、などなど壮絶に殺されまくる日々を繰り返し続ける元特殊部隊の主人公(フランク・グリロ)にとって、この事態はもはや「恋」どころではないはず(……ですが!?)。



本作は邦題や原題“BOSS LEVEL”が示すように、RPGかシミュレーションかといったテイストで次々と主人公に襲いかかる殺し屋たちをクリアしていきながら、なぜこのような事態に陥ったのかという真実に辿り着くべく腐心し続け、殺されたら必然的にコンティニューさせられて、生前(?)の経験を基にまた闘いを繰り広げていくといった、まさにゲーム感覚で進行していくのが妙味!

つまりこの地獄のタイムループ・ゲーム、コンティニューしていくごとに主人公は真相を知るとともに強くなっていくわけですが、そこに伴うさまざまな仕掛けがまた面白く、ヴァイオレンス・アクションとストーリーの融合がいつしかコミカルなリズムと化し、本作独自のユニークな空気感を醸し出していきます。



フランク・グリロやヒロイン、ナオミ・ワッツの好演もさながら、ここでは悪役陣が実に存在感豊かで、特に剣と刀の違いをちゃんとわきまえているアジア系女殺し屋“観音”(セリーナ・ロー)が出色。

(アジア系アクションのレジェンド・ヒロイン、ミシェル・ヨーも特別出演)

そしてあの初代“マッドマックス”の名優メル・ギブソンが、ここではふてぶてしい巨悪を喜々として演じているのもファンには嬉しい驚きでしょう。



(いや、もう本当に楽しそうに演じてます!)

正直なところ、鑑賞前は「またタイムループものか……」と、あまり興が乗ってなかったことを白状しつつ、いざ見始めると「これでもか!」と言わんばかりの強引なまでのサービス精神に圧倒されるとともに、映画的醍醐味をとくと堪能できる快作でした。

でも『ハッピー・デス・デイ』もそうですけど、毎日殺されるのって、やはり嫌ですね。

(しかも結構“観音”から首を斬られる確率も高いし……)

(文:増當竜也)

NEXT|次ページ > 『コンティニュー』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved