あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

クリント91歳、リドリー84歳、そして追悼・井上昭93歳……戦い続ける現役超ベテラン監督たち!


『クライ・マッチョ』(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

今年に入って『ラスト・ショー』(73)『ペーパー・ムーン』などの名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督(82歳)や、『野のユリ』(63)『夜の大捜査線』(67)など黒人スターの先駆者で『ブラック・ライダー』(72)など監督としても知られた名優シドニー・ポワチエ(94歳)、そしてつい先ごろ『ディーバ』(81)『ベティ・ブルー』(86)のジャン=ジャック・ベネックス(75歳)の死去が報じられました。

映画が既に100年以上の歴史を歩んでいる以上、そこに関わる人々が世代交代していくのも宿命ではあるのでしょう。

しかし、若手監督らの台頭などどこ吹く風で、年齢などお構いなく、ただただ映画を作りたいと願い、実践し続けるベテラン映画人が多数いるのも事実です。

奇しくも2022年1月の日本の映画興行は、そんな超ベテラン監督たちの新作が揃い踏みなのでした!

(※本稿記載の年齢は、2022年1月15日現在のものです)

>>>【関連記事】91歳の反逆児。孤高の騎士クリント・イーストウッドの正体とは?

>>>【関連記事】<解説>『スティルウォーター』が構想10年を費やした理由

>>>【関連記事】<2022年オススメ>最新タイムトラベル映画5選

ベテランの貫禄漂わせる1月14日公開の2作品


(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

まずは、現在91歳(!)のクリント・イーストウッドが監督・主演した『クライ・マッチョ』(21)が1月14日より公開となりました。

常に自分の作りたい映画をストイック&コンスタントに作り続けているイーストウッドではありますが、その中身も最近こそ老いをモチーフにしたものが増えてきているとはいえ、現代の風潮に媚びたものなど一切なく、それこそ彼が『恐怖のメロディ』(71)で監督デビューを果たした1970年代から何らタッチが変わってないことは驚きですらあります。

監督デビューから50年、そして監督作品40本目となる『クライ・マッチョ』も、かつてはロデオで名が知れつつ今はすっかり落ちぶれた元カウボーイとメキシコ人少年の旅を描いたロード・ムービーであり、そこには『センチメンタル・アドベンチャー』(82)や『パーフェクト・ワールド』(93)などとも並び比較したくなる彼の人生観、即ち“人が生きていく上で大切なこと”が飄々とした味わいで描出されていくのでした。


(C)2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『エイリアン』(79)『ブレードランナー』(82)などの巨匠リドリー・スコット監督も現在84歳ながら、エネルギッシュに新作を連打し続けています。

昨年も『最後の決闘裁判』(21)が話題になったばかりの彼ですが、1月14日より公開の『ハウス・オブ・グッチ』(21)は世界的ファッションブランド“グッチ”の創業一族の内紛と殺人事件といった事実をレディ・ガガをはじめとするオールスター・キャストでゴージャスに、そしてスキャンダラスに描出。

157分という長尺ながら、見ている間はいささかも退屈させる暇などなく、アメリカ版“華麗なる一族”とも呼びたくなるドロドロのお家騒動をワイドショーどころではない興味と興奮をもって見据えていくことが出来ます。

それにしても1年に2本も超大作を発表できてしまうリドリー・スコット監督の映画的腕力の高さには恐れ入るばかりで、2017年の『ゲティ家の身代金』ではセクハラ事件が発覚したケヴィン・スペイシーの出演シーンをクリストファー・プラマーの代役で10日間で撮り直すという荒技もやってのけているのです。

NEXT|次ページ > 生涯現役を貫き通した 井上昭監督

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録