あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ゴジラvsコング』観る前に知っておきたい5つのポイント



国内外の新型コロナウィルス感染拡大の影響で公開延期が続きましたが、ついにモンスター映画大作『ゴジラvsコング』が2021年7月2日に日本公開されます。

『ゴジラ』映画としては日本版、アニメ版、ハリウッドリメイク版などを含めると36作目にあたり、『キングコング』映画としてはこれが9作目にあたります。また“モンスターバース”の第4作でもあります。

そしてゴジラとコングが正面からぶつかり合うのは日本映画1962年の『キングコング対ゴジラ』(ゴジラ初のカラー映画でした)以来のことで、約60年ぶりの再戦となります。

今作を観る前に知っておくとより楽しめるポイントをこれまでのゴジラ、コングの作品と共に5つご紹介したいと思います。

1. ゴジラの歴史

ゴジラは1954年の『ゴジラ』でスクリーンに初登場すると、以降断続的に映画が作られ続け2016年の『シン・ゴジラ』までで29作品、これにアニメ映画3部作、今はなかったことにされている1998年のハリウッドリメイク『GODZILLA』、そして今回の『ゴジラvsコング』を含む“モンスターバース”作品(2014年『GODZILLAゴジラ』、2019年『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)などなど様々な形で映像化されています。

現在Netflixでは初のアニメシリーズ「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」が放映されています。


2. コングの歴史

対するキングコングは1936年に最初の映画が作られていて、ゴジラより20年近く先輩にあたります。

映画はゴジラよりもかなり少なく1930年代2本の映画が作られた後、東宝にキャラクター使用権が渡り1962年と67年に日本で2本の映画が作られ、その後、1970年代、1980年代にそれぞれ一本ずつ作られました。近いところでは『ロード・オブ・ザ・リング』の大成功を引っ提げてピーター・ジャクソン監督が3時間を超す超大作版を作りました。

そしてリブートされた『GODZILLA ゴジラ』から始まる“モンスターバース”の一作として2017年に『キング・コング:髑髏島の巨神』が作られました。
“モンスターバース”としては第2作にあたりますが、時系列的にはこちらが先になります。

 3. “モンスターバース”の歴史

1998年のローランド・エメリッヒ監督の『GODZILLA』が日本はもとより、アメリカでも「これはゴジラじゃない」という感想を抱かれてしまい、シリーズ化がとん挫。

それでもあきらめきれなかったハリウッドは2014年にゴジラに加えて、モスラ、ラドン、キングギドラのキャラクター使用権をレジェンダリー・エンターテイメント獲得したと発表しました。

その後レジェンダリー=ワーナー・ブラザースとの共同体制が整い、2014年に『GODZILLA ゴジラ』からリブートが始まりました。こちらは着ぐるみ怪獣のゴジラのオリジナルのデザインに近いものとして登場。
また渡辺謙がレギュラーとして登場、役名も1954年の『ゴジラ』の監督の本多猪四郎とキーパーソンの芹沢博士からとった芹沢猪四郎となっていたり、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が日本の1964年のゴジラ映画『三大怪獣 地球最大の決戦』にオマージュを捧げていたりという感じに分かりやすいリスペクトがあって、日本のファンにも好意的に迎えられました。

そして当初の想定どおりのシェアードユニバース“モンスターバース”がスタートしました。

マーベルの“MCU=マーベル・シネマティック・ユニバース”の成功以来、ハリウッドは多くのユニバースの確立を目指しましたがDCコミックの“DCEU=DCエクステンデッド・ユニバース”、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の失敗でいきなり失敗した“ダーク・ユニバース”などなど、失敗が続きました。

そんな中で“モンスターバース”は興行収入的な面でも批評の面でもまずまずの成功をおさめ、結果としてMCU以外では継続が発表されている映画ユニバースになっています。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > これまでの“モンスターバース”のおさらい

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

GODZILLA TM & (C) Toho Co., Ltd. (C) 2021 WARNER BROTHERS ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.