あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

映画配信サービス「JAIHO」いよいよスタート!ウォン・カーウァイ監督が手掛けたオープニング映像公開




新しい映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」が、本日6月21日(月)正午よりスタートし、サイト上で名匠ウォン・カーウァイ監督が「JAIHO」のために手掛けたオープニング映像が公開された。

「JAIHO」は、映画ファンのための定額制映画配信サービスで、最大の特色は、365日、毎日1本新たな作品を配信し、常に30作品が視聴可能であること。配信作品は、多様性を考慮し、世界中のさまざまなジャンルやカテゴリーから、映画のエキスパートたちが厳選した最高に面白く、楽しく、今見る価値のある映画を提供する。

今回、サービス開始と同時に「プレミア作品」や「初配信作品」、そしてバラエティに富んだ特集&コラムについての情報も解禁となった。


特集①<知られざる韓国クラシック>

昨年、第92回アカデミー賞®︎でポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を受賞し世界中にサプライズをもたらした。そして日本では第4次韓流ブームが沸き起こり、映画、ドラマ、音楽、文学など様々な形で韓国カルチャーに触れる機会が増えている。そんな今だからこそ、さらなる韓国映画の傑作を探るべく1960~1990年代の韓国名画をセレクト。

『ロマンス・パパ』プレミア作品
人気ラジオドラマを映画化した巨匠シン・サンオク監督の大ヒット作にして60年代の韓国映画を代表する傑作。保険会社に勤める父親とその妻、2男3女の子供たちが繰り広げる笑いと涙のホーム・コメディ。キム・スンホが第7回アジア映画祭主演男優賞を受賞した。また、シン・サンオク監督はその後、1978年に北朝鮮に拉致され、北朝鮮で数々の映画を製作、1986年に米国に亡命し波乱万丈な人生を送った。一緒に拉致された監督の妻チェ・ウニも出演している。(韓国/131分/1960年)

『誤発弾』初配信作品 
国民的監督ユ・ヒョンモク監督の代表作。イ・ボムソンの同名小説の映画化で朝鮮戦争後の解放村を舞台に、戦争の影響による貧困と絶望の中、懸命に生きる人々の姿をリアリズムで描いていく。公開当時には韓国社会を批判したと上映禁止となったが、今では韓国映画史上極めて重要な名作として高く評価されている。貴重な文化遺産である映像資料を収集・復元する国立の機関<韓国映像資料院(Korean Film Archive)>が発表した「韓国映画100選」で第1位に選ばれた、まさに見逃せない1本。(韓国/108分/1961年)

このほか、2000年以降の傑作を集めた特集<韓国映画傑作選>にも注目。社会現象になったドラマ「愛の不時着」でその美貌と演技力を世界中に知らしめたソン・イェジン主演『ラブストーリー』(03)や、ハリウッドでも活躍する韓国のスター俳優イ・ビョンホン主演の感動ヒューマンドラマ『それだけが、僕の世界』(18)も配信する。

特集②<東洋のハリウッド 香港映画の全貌>

“香港映画の父”と呼ばれた名カメラマン西本正が撮った香港映画傑作選。西本は、新東宝で中川信夫監督の『東海道四谷怪談』(59)などを手がけた後、60年にショウ・ブラザースに招聘されて香港映画界で活躍、ブルース・リー監督主演作『ドラゴンへの道』(72)など、彼の撮った作品のほとんどが香港映画史に重要な作品である。今回日本初公開となる『楊貴妃』のほか、“香港のクロサワ”とも呼ばれた名匠キン・フー監督の時代劇アクション『大酔侠』(66)もラインナップ。

『楊貴妃』プレミア作品
ショウ・ブラザースが企画した中国の4大美女を描く超大作シリーズの第1弾。唐代の皇妃、楊貴妃の半生を完成までに2年の歳月をかけてスペクタクルに描きアジア各地で大ヒットを記録。日本から招かれた西本正が撮影を担当し、カンヌ国際映画祭で高等技術映画委員会色彩撮影賞を受賞した。(香港/76分/1962年)

特集③<Back to the 70s & 80s>

パラマウントやミラマックスなどのハリウッド・メジャー系の70年代、80年代名画を独自の切り口で振り返る。初配信となる『リトル・ダーリング』の他、フランシス・レイの名曲とともに贈る『ある愛の詩』(70)、『ノマドランド』クロエ・ジャオ監督や『ミナリ』リー・アイザック・チョン監督にも影響を与えた名匠テレンス・マリックの傑作『天国の日々』(78)、シルヴェスター・スタローン監督&ジョン・トラヴォルタ主演のカルト的人気を誇る名作『ステイン・アライブ』(83)など、一度は見ておきたい懐かしの傑作群を配信。

『リトル・ダーリング』初配信
80年代の人気アイドルが主演した青春コメディ。元人気子役のテイタム・オニールと、この作品で日本でも人気となったクリスティ・マクニコルが高校のサマーキャンプで繰り広げるロスト・バージン大作戦。無名時代のマット・ディロンも要チェック。日本では一度もディスク化されていない幻の人気作。(アメリカ/96分/1980年)

特集④<キャッチアップ>

過去2〜3年で劇場公開された話題作がラインナップ。熱狂的なファンが続出したロシアの戦車映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版』のほか、チャウ・シンチー監督が20年前の伝説の傑作をセルフリブートした『新喜劇王』(19)、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞作でヴィゴ・モーテンセン主演のロードムービー『はじまりへの旅』(16)、ジム・ジャームッシュ監督&アダム・ドライバー主演の話題作『パターソン』(16)などが連なる。「見逃してしまった!」「何度でも見たい!」そんな名作たちはこの特集でチェック!

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版』初配信
アカデミー賞®︎外国語映画賞を受賞した名監督ニキータ・ミハルコフが製作し、ロシア映画史上最高のオープニング成績を記録した、<全露No.1>メガヒット戦車アクション!第二次世界大戦下、ナチス・ドイツの軍勢に、ソ連軍の最強戦車、T-34が立ち向かう!初配信となる191分の最長バージョン。(ロシア/191分/2018年)

また、映画だけではなく、映画のエキスパートたちによる読み応え抜群のコラムも充実。東京国際映画祭プログラミング・ディレクターも務める映画プロデューサーの市山尚三は、カンヌ国際映画祭と世界の名匠たちとの歴史を綴る。映画評論家・暉峻創三は、『はちどり』『わたしたち』など活気付く韓国インディーズの潮流を切り口に日本初上陸の『小公女』を紐解く。そして、日本におけるインド映画紹介の第一人者である松岡環は、“JAIHO”の名にふさわしい幕開けを祝うインド映画名作2本の楽しみ方を完全解説する。


•サイトURL: www.jaiho.jp
•JAIHO公式Twitter: @JAIHO_JP #ジャイホー
•JAIHO公式Instagram: @jaiho_jp
全ての画像を見る

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録