あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「全裸監督シーズン2」レビュー完結編&「全裸監督」を観終わったらこの作品を観て欲しい



→画像ギャラリーはこちら

[関連記事] 「全裸監督 シーズン2」キャスト|AV女優役で恒松祐里や増田有華ら|出演者も概ね続投

[関連記事] 「全裸監督シーズン2」ファーストレビュー | ナイスな見どころは「破裂寸前のヒリヒリ感」


いよいよ全話解禁となったNetflixオリジナルドラマ「全裸監督シーズン2」。

主演の山田孝之に加えて玉山鉄二、満島真之介、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、リリー・フランキー、國村隼などのシーズン1からレギュラーメンバーに加えて、シーズン2からは恒松祐里、吉田栄作、MEGUMI、渡辺大知、伊原剛志、石橋蓮司、宮沢りえ等が新たに登場しました。

総監督はシーズン1に続いて武正晴が務めています。

 あらすじ



シーズン2前半戦では、村西とおるはバブル景気の波に乗ってAV界の帝王となり、公私に渡るパートナー黒木香もタレントとして一般層にも認知されていくなど上り調子。

しかし、村西が銀行員・本田の薦めるままに衛星事業に乗り出すことで仲間と離反、新たな会社を興して衛星事業にさらに進み続けることになります。新たな会社ダイヤモンド映像には後に村西夫人となる乃木真梨子こと千葉ミユキの姿もありました。

スキャンダラスな手法(今でいう炎上商法)で売り上げを伸ばしていく一方で、黒木香は自身の新作を村西が撮らないことで、心の距離を感じてしまいます。

村西は村西で衛星事業を仕切る海野から“所詮ポルノ屋”、“(多くの前科を持つ)道のりがアウト”と蔑まれ衛星事業になかなか食い込めずにいます。

それでも衛星事業のキーマンの高宮悦子や渡部を口説き、強引に参入を果たします。“エロが空から降ってくる”を売り文句に衛星事業を推し進める村西は数十億円もの資金を投資していきます。

しかし、バブル経済が崩壊、銀行からの融資が打ち切られた村西は一点窮地に。

衛星事業の維持費だけでなく、スタッフ・キャストへの給与の未払いも発生し、新たな公私に渡るパートナーとなった乃木真梨子の支えもありながらも村西とダイヤモンド映像は事実上崩壊していきます。

村西の暴走と崩壊、バブル経済の破綻、暴力団への締め付けなどからかつての仲間だった川田やトシの人生も揺さぶっていきます。

さらに、村西のもとから去り順子と共に共同生活を過ごしていた黒木香が転落し重傷を負うという事件が起きてしまいます。


 受け身から台風の目へ



「全裸監督シーズン1」の村西はどちらかというと自分の身に降りかかる出来事、時代のうねりに対して“受け身に回っている”部分がありました。

それにしては派手過ぎる立志伝ですが、外側からの出来事で“確変”していく姿を描いているのが「シーズン1」でした。

それに対して「全裸監督シーズン2」の村西はまさに台風の目、自らが動き、周囲の人々を巻き込みそして、大混乱に陥れたうえで、自らは見事に堕ちていくというまさに巨大な嵐のような姿を見せています。

「シーズン1」では村西は無理矢理テンションを上げていた感があったのですが、「シーズン2」の村西は終始ハイテンション。

それに着いていけずどんどん仲間が脱落していく姿がとても“物悲しさ”を感じさせるのですが、当の村西はそれを分かっていながらも止まるどころか、さらに前に前にと進んでいきます。たとえ、その先には破滅しかないと分かっても止まることをやめません。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 去り行くヒロインと傾国の美女

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録