あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-07-02

公開情報

横浜流星主演『噓喰い』発表:銀髪で不敵かつミステリアスに



『噓喰い』ビジュアルへ

[関連記事] 横浜流星、演技の振れ幅|アクション系天才キャラからイマドキの若者まで

[関連記事] 横浜流星が輝く作品「独断と偏見」ベスト5+α
 
[関連記事] 「着飾る恋には理由があって」全10話のネタバレ感想:横浜流星に好きだよって言われたい人生だった

迫稔雄作のシリーズ累計880万部突破のギャンブル漫画「嘘喰い」(うそぐい)。2006年から2018年まで集英社ヤングジャンプで連載されコミックスは49巻まで発売された伝説の漫画が2022年2月に公開することが決定した。

監督は、1998年公開の映画『リング』が社会現象になりジャパニーズホラーの名手・中田秀夫。

主演は、『きみの瞳が問いかけている』(2020年)で日本中の涙を誘い、今期TBS系列のドラマ「着飾る恋には理由があって」でも話題をさらった人気・実力ともに若手トップ俳優の横浜流星。

来たる7月2日(金)、本作のティザービジュアルが解禁。不敵かつミステリアスな銀髪・白スーツの横浜流星が解禁された。

横浜が演じるのは、通称「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)。

日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)-日々、巨額な金を賭けたギャンブルを仕切り、ルールを決め敗者の死に方を用意する最高峰の賭け場-。その頂点を目指していく役どころだ。彼の目的・私生活は謎。仕掛けられたイカサマや嘘を見破り、数々のゲームに挑んでいくー。

解禁されたビジュアルは、銃口を向けられ、死を前にした貘(横浜流星)が不敵かつミステリアスな目で私たちを見つめている。

今回、銀髪に染めた横浜自身は「自分にとっても挑戦的な作品。原作を読んで銀髪がトレードマークな役どころだったので、維持が大変なんですが実際に銀髪に染めました。」と覚悟を語っている。

さらに今後、作品を華やかに彩るバラエティ豊かな超豪華キャストも順次解禁予定となっている。
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録