あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「イタイケに恋して」第3話レビュー:「顔も立派な個性」って、いい言葉じゃない?(※ストーリーネタバレあり)



「イタイケに恋して」画像ギャラリーへ

【関連記事】第1話レビュー:菊池風磨の“菊池風磨っぷり”が炸裂!

【関連記事】第2話レビュー:まさかそうくるとは! 乱闘(?)シーンは爆笑必至

菊池風磨・渡辺大知・アイクぬわらの3人が、シェアハウスに同居しながら相談人の悩み事を解決する「イタイケに恋して」が2021年7月1日より放送スタート。

「おっさんずラブ」「私の家政夫ナギサさん」などを手掛けた徳尾浩司の脚本による完全オリジナル作品で。ミュージシャン、トップアイドル、お笑い芸人という個性豊かな3人が不器用な男子に扮して、恋のキューピッドとして奮闘する物語が展開される。

本記事では、第3話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「イタイケに恋して」第3話レビュー

今回のテーマは、顔で好きになるのは悪いことか?
個人的に、顔を含め外見が興味を持つきっかけになることもあるだろうし、必ずしも悪くはないと思う。ただ、好きな理由がそれだけになってしまうと、また話は変わってくるかも。
果たして今宵、3人のイタイケな男子たちはどんな答えを導き出すのか。

相談にやって来たみなみ(黒川智花)は、高校時代に付き合っていた彼氏・悠也(笠原秀幸)と結婚の約束までしていた。ところが悠也は、卒業と同時に突如渡米。それ以来一切彼と会うことはなかった。数年後、みなみの前に悠也に瓜二つの男性・聖里矢が現れる。みなみは聖里矢と付き合うことになるのだが、周囲は反対。なぜなら、聖里矢は悠也と違ってだらしないタイプで、いわゆるヒモだったからだ。(「ヒモ」という言葉が出た時の、影山と将希、マリックの掛け合い、めちゃくちゃ気持ちのいいテンポだった。)

周りからは、「顔が好きなだけだよね」「別れた方がいい」などと言われる。たしかに、顔が同じで性格がまったく異なるとなると、共通点は顔だけになってしまうから、自然と好きになった理由も“顔がよかったから”ということになってしまう。ここでみなみは、「誰を好きになろうと私の勝手ですよね」と言い出す。そこまで自信があるのならば、君は何で相談に来たんだい…? と思いつつ、将希が「顔だって立派な個性」と同調。これ、すごくいい表現だなと思った。顔(だけ)が好き、というとなんとなく後ろめたさを感じそうにもなるが、たしかに1人1人違う、個性だ。みなみに近づくために同意しただけだろうけど、将希、いいこと言う…!

しかし、影山とマリックは「本当に好きなのか疑問です」と正論をぶつける。うん、それも分かる。でも、たぶん今みなみが欲しかった言葉はそれじゃない。答えが出そうにないこの手の問題、ただ同意が欲しいあれだ。案の定、みなみは怒って帰ってしまう。

みなみを怒らせたことで佐知(石井杏奈)の怒りを買ってしまった3人は、今回の相談に向き合うことに。人はどうして顔で好きになるのか? 顔が目立つから、本能的に…。今回は六郎さんが早めに登場。いわく、「顔の左右対称性を見ているという説がある」らしい。顔が左右対称だと、強い遺伝子を持っている可能性が高いんだって。マメ知識だ。

結局答えを出せなかった3人。翌日、将希がみなみの家を訪ねると、「みなみに変なこと言っただろ」と聖里矢に因縁をつけられてしまう。逃げた将希だったが、研究所の場所を教えてしまったという。見るからにガラの悪そうな写真写りだった聖里矢。影山とマリックが嫌がる中、研究所に新たな来客が。聖里矢と同じ顔、しかし服装はきっちりとスーツを着ていた。これはもしや…と思ったら、やっぱり悠也その人だった。

悠也は10年も前に別れたきりだが、まだみなみへの思いは消えていないという。
そこで、実験! どちらがどちらか分からないように同じ服を着、みなみと30分一緒に過ごすことになった。
A:パスタを作って食べ、黒ひげ危機一髪をする
B:パンケーキを作って食べ、スーパーボール掬いをする
最初こそ、みなみは見分けがついていないと、けろっとしていた。ただ、時間を過ごすうちに、なんとなく空気は変わっていき…。

いざ、運命の時。なんとみなみは、どちらが悠也で、どちらが聖里矢か分かった状態で聖里矢を選んだ。

「自分の中でもやもやしていたものがはっきりしました」
「でもわたし、顔だけじゃなくてちゃんと聖里矢のことが好きなんだって気づきました」

そう語るみなみの目は、自信にあふれている。聖里矢のことをちゃんと好きでも、周囲からは疑いの目で見られるし、自分の中でどうしたって悠也がちらついていたことだろう。それが今回、自信をもって聖里矢を選ぶことができた。興味を持ったきっかけは顔だったけど、今は心から聖里矢を好きということ。これって非常に興味深い。何にしても、みなみが自分の思いを再確認できるきっかけを与えられて、今回の相談も大成功だったんじゃないだろうか。

前回から引き続いて解決していない騒音問題だが、夜中に冷蔵庫をあさるおじさんの姿が…? まだまだ騒がしくなりそうだ。

「イタイケに恋して」3話のストーリー



ある朝、飯塚(菊池風磨)が、夜中にキッチンで物音がして誰かの影が見えたと言い出す。しかし、影山(渡辺大知)、マリック(アイクぬわら)、佐知(石井杏奈)は物音を聞いていないし、身に覚えがなかった。飯塚は、不気味な現象に怯える。

そんな中、依頼人のみなみ(黒川智花)が研究所を訪れる。みなみは、高校時代に付き合っていた悠也(笠原秀幸)と結婚の約束までしたのだが、卒業してすぐ、一方的に別れを告げられた。数年後、みなみは聖里矢(笠原・2役)という男性と出会った。彼は、悠也と顔が瓜二つ。しかし、悠也と聖里矢はまったくの別人で血縁関係もなかった。みなみは、聖里矢と付き合い始める。聖里矢は悠也と性格がまったく違い、だらしない男だった。みなみは友人や親から、聖里矢の顔が好きなだけで付き合っているのだろうと言われて交際を反対されていた。

みなみは3人に向かって、同じ顔の人を好きになっても別に構わないはずだと主張。影山とマリックは、みなみが聖里矢に悠也の姿を重ねて幻影を追っているのではないかと心配する。すると、みなみは怒り出して帰ってしまう。
佐知は、依頼人に寄り添えなかった3人を叱る。3人はもう一度、みなみの話を聞くために連絡するが、返事はなかった。
「顔で好きになるのは、悪いことか!?」
3人は、なぜ人は顔で人を好きになるのか、あれこれと考える。

翌日、影山のもとに、外出していた飯塚から電話が来る。飯塚は、みなみの家を訪ねたのだが、聖里矢が出てきて因縁をつけられ、あわてて逃げたのだという。
「もしかしたら、そっちに行くかもしれない」
「ええっ!?」
聖里矢が飯塚を追いかけて研究所に押しかけてくるのではないかと混乱する影山とマリック。その時、玄関のチャイムが鳴る。マリックが恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは意外な人物で…。

(文:あまのさき)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「イタイケに恋して」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録