あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ボイスⅡ 110緊急指令室」第3話レビュー:不快感極まりない展開ではあるものの、続きが気になる中毒性ドラマ!(※ストーリーネタバレあり)



「ボイスⅡ 110緊急指令室」画像ギャラリーへ

【関連記事】「ボイスⅡ 110緊急指令室」第1話レビューへ

【関連記事】「ボイスⅡ 110緊急指令室」第2話レビューへ


2019年に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編「ボイスⅡ 110緊急指令室」が放送開始。

“声”で事件を解決する緊急指令室を襲う新たなる狂気。通報からの10分間が生死を分ける、緊張度MAXのサスペンスが再び送り出される。

本記事では、その第3話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「ボイスⅡ 110緊急指令室」第3話レビュー



放送時間いっぱい、よい意味でこれほどまで胸くそ悪いドラマは久々に観た気がする。

とにかく、ハラハラドキドキのしっぱなし。

忙しいのである。

これも出演者の演技が秀逸だからだろう。

樋口彰吾(唐沢寿明)と樋口のバディである石川透(増田貴久)、橘ひかり(真木よう子)の連携がすばらしい。性犯罪者が新たな犯罪に手を染めようとしているところを、三人がじわりじわりと詰めていく。
緊迫感が視聴者にも伝わり、手に汗を握るシーンが多発する。

そして、ようやく犯人を逮捕したと思いきや、また新たな事件が発生。
視聴者を休ませてはくれない。
神経が張りつめる時間だけれど、非常に見応えのある展開になっている。
見終わったあとには満足感を味わえる作品だ。

初回がはじまったときは、主演の唐沢がかつて演じた「24 JAPAN」の獅堂とかぶる部分があった。
しかし、今ではECU緊急出動犯の班長として、しっくりきている。
NEWSの増田とのバディも好感が持てる。

筆者はこの作品で、増田の演技にはじめて触れた。
正義のためとはいえ、人を殺めてしまったことと向き合う姿。
先輩である樋口に心配させまいとしながらも、過去の事件に怯える様子は見ていてせつない。
樋口がそのことに早く気づき、透を救ってあげてほしい。

相変わらず、ひかりの耳の良さには感心しかない。
でも、もし自分だったらなんでも聞こえてしまって逆に不便だろうな……なんて考えてしまう。

同作品を視聴中はいろいろな思いが錯綜する。
だから忙しいのだ。

第4話は、ひかりの部下である小松知里(藤間爽子)がメインとなるよう。
元彼からのDVで傷ついた知里。

樋口よ、走れ!

「ボイスⅡ 110緊急指令室」ストーリー



薫の幼い弟・優太の連れ去り事件が発生!9歳の頃、塚田の性犯罪被害に遭っていた薫は、弟の残した絵に描かれた“ある物”を見て、犯人が塚田であることを直感する。樋口(唐沢寿明)は塚田の自宅にあった手がかりから、塚田がセメントを扱う工場を犯行場所として下見していたと推測。ECUのひかり(真木よう子)たちと協力し、塚田と優太の足跡を辿る!
 
巨大な廃工場にたどり着いた樋口と石川(増田貴久)は、塚田の使用していた自転車を発見する。同じ頃、工場内部の隠し部屋では、塚田によって、優太の身に危険が迫っていた……!
樋口と石川が呼びかける声を聞き、必死に答えようとする優太。しかし、狂気の塚田を前に、声を出すことができず、ひかりも音を捉えることができない!そんな中、樋口は、“ある作戦”を思いつくが……。その先にも難関が待ち構えていた!
 
そして、現場から逃走した塚田を追っていた石川は、逮捕直前、血を流す塚田の顔を前にして、突然めまいに襲われる……。実は石川は、白塗りの男の共犯者・純名を射殺した時のトラウマに苦しみながら、樋口にも相談できずにいた。
さらに、塚田が隠そうとしていた“重要な証拠”が発見されたことで、事件は思いもしない急展開を迎える……!
  
(文・駒子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ボイスⅡ 110緊急指令室」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録