あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ボイスⅡ 110緊急指令室」第2話レビュー:そんなところまで聞こえちゃうの?絶対聴感の橘ひかりの能力とは?(※ストーリーネタバレあり)



「ボイスⅡ 110緊急指令室」画像ギャラリーへ

【関連記事】「ボイスⅡ 110緊急指令室」第1話レビューへ


2019年に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編「ボイスⅡ 110緊急指令室」が放送開始。

“声”で事件を解決する緊急指令室を襲う新たなる狂気。通報からの10分間が生死を分ける、緊張度MAXのサスペンスが再び送り出される。

本記事では、その第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「ボイスⅡ 110緊急指令室」第2話レビュー



初回放送で平均視聴率(世帯)11.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した「ボイスⅡ 110緊急指令室」。
2桁とまずまずのスタートを切った。
第1話では、唐沢寿明が演じる樋口彰吾の息子が、不気味な白塗りの男に捕まったまま終了。
その行方が気になっていた。

今回も橘ひかり(真木よう子)が樋口の右腕となってその行方を追うことに。
この橘の絶対聴感能力がすごすぎる。
足音だけで犯人の居場所を特定したり、どんな小さな音も聞き洩らさなかったり……。
「音」を頼りに事件を解決する展開は今までなかったので、見入ってしまう。
ボイスプロファイルの専門家としては最高の能力だろうが、「そんなところまで聞こえるのか!」と感心を通りこして、唖然といった感じもある。

樋口と橘、さらには樋口を「兄貴」と慕いバディを組んでいる石川透(増田貴久)の連携で息子を無事に保護したが、白塗りの男の姿はどこにもなかった。
そうこうするうちに、新たな事件が発生し、樋口らは現場に向かうことに。

前作に続き、ストーリーのテンポが良く、ぐっと引き込まれる作品になっている。
樋口の息子を誘拐した白塗り男が「Ⅱ」では、大きな鍵となりそうだ。
樋口のことを執拗にあおり、橘や透の悲しい過去も把握し、彼らが驚愕する様子をまるで楽しんでいるところは不気味そのものだ。

解決したかと思えば新たな事件が発生し、次週が気になる展開に構成されている同ドラマ。
最終話まで気になる存在のドラマだ。

「ボイスⅡ 110緊急指令室」ストーリー



樋口(唐沢寿明)の裏をかいた白塗りの男とその共犯者・二ノ宮純名は、樋口の息子・大樹を連れて逃走!倉庫で襲われた重藤雄二の兄・通孝率いる捜査一課も捜査に加わり、全力で逃走車両を追跡する。そんな中、ECUのひかり(真木よう子)は、拳を握りしめ、交際相手だった重藤雄二が殺害された時の映像を見直していた。「聞き漏らさない、犯人の音を。この耳で捕まえる−−」鬼気迫る表情のひかりは、犯人の足音の“ある特徴”に気づく……。
 
乗り捨てられた犯行車両を見つけた樋口は、石川(増田貴久)と手分けして犯人を追う。ECUから耳を澄ますひかりの力を借り、純名を追い詰める石川。しかし、純名は体に巻きつけた爆弾を見せると、近くにいた子ども達の群衆に向かって行き……!!
 
一方、樋口は、白塗りの男を追って雑居ビルの地下室に到着。目隠しをされた大樹を発見するが、白塗りの男の罠はまだ張り巡らされていた……!
そして、3日後―。白塗りの男は、大樹を解放する。しかしその痛ましく変わり果てた息子の姿に、憤る樋口。白塗りの男の真の目的とは一体何なのか――。

そんな中、樋口が石川を連れ、ECU緊急出動班の班長として復帰することが決まる。そして、純名が使った爆弾の特徴から、事件は意外な進展を見せる!さらに、ECUには息つく間もなく、新たな拉致事件の通報が入り……!
 
(文・駒子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ボイスⅡ 110緊急指令室」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録