あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』世界配信を記念してコミコン に庵野秀明総監督が登場!



『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、 8月13日 (金) より、Amazon Prime Videoにて、プライム会員向けに 独占配信されることを記念して、7月 23日 (金)にオンライン上で 開催され た 「 Comic-Con@Home(コミコン ・アット ホーム)」 のパネルセッションに、本作の原作・脚本・総監督を務めた庵野秀明が登壇。配信を待ち望む世界のエヴァファンに向けて、作品への熱いメッセージを送った。

司会者とのパネルセッションの中で庵野総監督 は、「本当は8年で完結させようと思っていましたが、16年かかってしまいました。全てが終わった今、ホッとしています。」 とラストを迎えた『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版』 シリーズ を振り返った。1995年に TVシリーズとして誕生し、26年もの間SFアニメ超大作の金字塔として君臨している本作に関して庵野総監督は、「作品自体のストーリーやドラマ、技術的なクオリティは、スタッフとキャストの努力のお陰で、常になるべく高い位置にあるように頑張って維持しています。それとは別に、『エヴァンゲリオン』 には世界の人に共通する何かがあったのだと思います。それは自分自身の物語として捉えられるような仕組みになっていたからなのかもしれません。一概には決められませんが、 世界中の人がそれぞれ 自分にとってこれだと思うものが、届いた結果なのかなと思っています。」 とエヴァが 世界 で愛され 続けている理由 について見解を述べた。



また、過去にTVシリーズと『新世紀エヴァンゲリオン劇場版』で 2度終わりを迎え、今回が3度目となる 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のラストに関して、「おおむね最初から決めていました。漠然とあった終わり方が、少しずつ形を変えて今回の終わりに行きつきました。ディティールは変化しましたが、根本的には変わっていません。」と、ラストの制作秘話を明かした。

さらに「今年61歳 になったので、エヴァではなく実写作品の映画を何本か作りたいと思っています。アニメーションは、今後実写作品を数本作ってから、またやれるチャンスがあればと思っています。まだ何も決まっていませんが。」 と今後の展望を語りつつ、「実写作品とアニメーション作品の制作の仕方は全く違います。アニメーションでは出来ないことを実写で色々と描けるので、本当に楽しみにしています。」 と笑顔で語り、新たな目標に向かって強い意欲を表した。 

最後に、「『エヴァ ンゲリオン』 に限らず、僕の描く作品は基本的には日本で暮らす人たちに向けたドメスティックな内容です。そのような作品が世界の人に愛されているのは本当にありがたく、光栄です。 皆さん 『エヴァンゲリオン』を本当にありがとうございます、そしてよろしくお願いいたします。」 と世界中のファンに感謝の意を示し、パネル セッションを締めくくった。




ストーリー

新たな劇場版シリーズの第4部であり、完結編。ミサトの率いる反ネルフ組織ヴィレは、コア化で赤く染まったパリ旧市街にいた。旗艦AAAヴンダーから選抜隊が降下し、残された封印柱に取りつく。復元オペの作業可能時間はわずか720秒。決死の作戦遂行中、ネルフのEVAが大群で接近し、マリの改8号機が迎撃を開始した。一方、シンジ、アスカ、アヤナミレイ(仮称)の 3人は日本の大地をさまよい歩いていた……。

作品概要

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 EVANGELION:3.0 1.01 THRICE UPON A TIME 28言語字幕版/ 10言語吹き替え版)
企画・原作・脚本・総監督 :庵野秀明 監督:鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏
声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、長沢美樹、子安武人、優希比呂、大塚明夫、沢城みゆき、大原さやか、伊瀬茉莉也、勝杏里、山寺宏一、内山昂輝、神木隆之介
製作:カラー
制作:スタジオカラー
配信:2021年 8月 13日(金) Amazon Prime Videoにて見放題独占配信
Prime Video 作品ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B098T51T7X
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録