あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

新感覚ホラー<映像エンタメ『ROOOM』>体験速報!|※ホラー苦手な方は最後の最後は読み進めないでください!



1990年代後半、『リング』シリーズ(98~)、『呪怨』シリーズ(03~)で一気に花開いたJホラー。

しかし、その後は徐々に粗製濫造気味になり、映画のクオリティもスケール感も尻つぼみになりいつしか大掛かりなホラー映画はスクリーンから遠ざかっていきました。

しかし! 2010年代後半から今年にかけて『リング』の中田秀夫監督による『事故物件-恐い間取り-』(20)、『呪怨』清水崇監督の“実録!恐怖の村シリーズ”(『犬鳴村』(20)『樹海村』(21)『牛首村』)がそれぞれスマッシュヒットを記録、日本のホラーは新たなステージに入りつつあります。

そんな中で『リング』『スクリーム』(96~)『ソウ』(04~)『戦慄迷宮3D』(09)(清水崇監督作品)を配給してきたアスミックエースが、オンライン進行型コーリングホラーの「イキサキ探し」や対話型推理劇体験コンテンツ「マーダーミステリー」を手掛けるBAKERUと新たな恐怖体験のために最恐タッグを結成。“指殺人型ステイルームホラー”『ROOOM』を創り上げました。

また『ROOOM』の体験設計とプロデュースを「イキサキ探し」などのオンライン型ホラーコンテンツを手掛けてきたホラープロデューサーでアーティストの夜住アンナが担当していることにも注目です。

『ROOOM』公式サイトへ




※記事の途中、一部構成についてネタバレを含みます。

今までにない体験型ホラー映像の『ROOOM』の幕が開く!!


チケットをオンライン上で購入した観客は指定された時間に送付されたURLから映像リンクに飛びます。

と同時に個人のLINEアカウント内に上演時間限定のチャットルーム“スポットルーム”への招待が届き観客は各々入室して、『ROOOM』の開演を待ちます。

そこで、同じ時間帯に『ROOOM』を観客たちとコミュニケーションをとりながら、目の前で進行していく物語に様々な推理や感想を展開していくことになります。

やがて、見ている側“だけ”のもののはずの“スポットルーム”のやり取りが目の前で展開されていく物語と深くリンクしていくことになります。

こちらからの何気ない一言、些細な行動が『ROOOM』の物語と登場人物の運命に大きな変化を与えていく構造になっています。

体験型エンターテイメント・イベントとホラー映画ファンの両方を全く新しいスタイルの恐怖が作り出され、それが直接、観客の部屋・手元のPCやタブレットにダイレクトに届きます。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『ROOOM』のあらすじ<ネタバレなし>

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021ROOOM/AA