あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「八月は夜のバッティングセンターで。」第4話レビュー:五十嵐亮太「次はあなた自身でマウンドを守らなきゃ」人生という名のマウンドを守るのは、自分!(※ストーリーネタバレあり)



→「八月は夜のバッティングセンターで。」第4話の画像ギャラリーへ

【関連記事】「八月は夜のバッティングセンターで。」第1話レビュー


【関連記事】「八月は夜のバッティングセンターで。」第2話レビュー

【関連記事】「八月は夜のバッティングセンターで。」第3話レビュー


テレ東が描く新感覚“ベースボール・ヒューマンドラマ”!
関水渚×仲村トオルW主演で、この夏開幕!

わけあって夏休みにアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞(関水渚)と「バットのスイングだけで、その人の悩みがわかる」と豪語する47歳の謎の元プロ野球選手(仲村トオル)。
二人がバッティングセンターに現れる女性たちの悩みを「野球論」に例えた独自の「人生論」で解決へと導いていく。

本記事では、そんな話題作の第4話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。
 

「八月は夜のバッティングセンターで。」第4話レビュー



今回の悩める女性は、高橋菜々子(深川麻衣)。怒ったり断ったりできない優しい性格を周りの人に利用されがちだ。彼氏の家に見覚えのないイヤリングや調味料やルームフレグランスがあって聞いてみたものの、友達がきたとごまかされたうえ「詮索するタイプ?」「何? 別れたいってこと? 俺しつこいの嫌いなんだけど」と逆ギレをされてそれ以上問い詰められない。

以前も他の女に乗り換えた元カレにストーカー扱いされたり、彼氏が鼻炎だという同僚に仕事を押し付けられたり、崩れたお寿司を運んできた配達員に逆ギレされたりしていた。相変わらずこのドラマのモブはクズ率高めだ。

困り顔の深川麻衣はかわいいが、そんな彼女を利用する奴らはゆるせない。

結局自分を卑下しつつ「私が我慢すればいい」「相手を傷つけたくない」
という菜々子に、舞(関水渚)も伊藤(仲村トオル)も疑問を投げかける。



「腹立ちすぎて吐き気する」という舞の反応、正常だ。

「聞いてみますか、俺の野球論」
今回は珍しく敬語ではじまるライフイズベースボール。

突然ピッチャーとしてマウンドに立つことになり、戸惑う菜々子。
浮気彼氏、元カレ、押し付けてきた同僚(後輩?)、配達員が並ぶ(めっちゃ嫌だ、こんなマウンド)。

伊藤から「バッティングセンターで機械が壊れて身体の近くにボールが通ったとき怖かった? もし怖かったならそこに投げてみたらどうだ」と言われる。

だが菜々子は投げられず、ベンチに戻ってしまう。
「私、相手に嫌われるのが怖いんです。ボールぶつけて相手が傷つくくらいなら、自分が我慢して笑ってたほうがずっと楽」

伊藤は異議をとなえる。
「本当にそれでいいのか。結果相手がほくそ笑んで自分が傷ついてるだけじゃないのか。どうふるまおうが勝手だが、俺はもったいないと思うね。そう簡単にマウンドを降りるのは」

ピッチャー交代で現れたのは、五十嵐亮太選手。



「い、い、い、五十嵐だ~!!!!!」と叫ぶ舞。

「強気なピッチングスタイルで剛速球をを投げ込み、日米で登板した試合はすべてリリーフという偉大な記録の持ち主だ」続ける伊藤。

「インコース、あそこに投げ切れるか投げ切れないかで、その先の生き方が変わる」
「人間は誰もが臆病だ、あんただけじゃない。だから、それを恥じる必要なんてない」
「それよりも、もっと自分を大事にしなよ」

今週も沁みる伊藤の言葉。菜々子もはっとする。

五十嵐はさっき伊藤が菜々子にアドバイスしたインコースに投げ切り、バッターアウトをもぎとる。

文章で表現しきれないのがくやしいが、この選手がプレイするシーンが毎回毎回とんでもなくかっこいいのだ。本人のプレイや表情はもちろん、音楽や演出を相まって鳥肌が立ちそうだ。例えていうと、選手のプレイをあらためてMVにした感じというか(よけいわかりづらいかもしれない)。



「次はあなた自身でマウンドを守らなきゃ」

五十嵐に声をかけられた菜々子は、勇気を出すのだった。
マウンド=自分の人生なんだな。

彼氏の家に行き、友達でも女の人は入れないでほしいと伝える。「またその話かよ、めんどくせぇなぁ」「もうこの話しないで」いつものごとく逆ギレしてきた彼に一瞬謝りかけたが、「インコース……」とつぶやいて続ける。

「じゃあもういいよ、別れよう」「だって、女遊びやめる気ないんでしょ? 私のこと大事にする気ないんでしょ? そんな男とだれが付き合うのよ」「怒るわ! しかも急じゃないからずっと黙ってただけだから! もうタモツのそういうのに付き合うのうんざり! なめんな!」

「えっ……冗談だよね?」「待って、ごめんごめん」

ようやく慌てだした彼氏だが、もはや覆水盆に返らず。
浮気相手が置いていったルームフレグランスを彼のインコースにぶん投げ、尻もちをつかせて部屋を出ていったのだった。

は~! よく言った(やった)菜々子!!! スカッとした!!

菜々子からの報告LINEを見て微笑みつつ、カメラロールを眺める舞。
ちょいちょい挟まれる舞のエピソードも気になるところだが……。
最後の菜々子のスッキリした笑顔、よかった!

→「Paravi」で第4話を見る

第4話ストーリー



高橋菜々子(深川麻衣)が神妙な面持ちでバッティングセンターの打席に立っている。しかも思い切り振ることができずうまく打てない。様子を見ていた夏葉舞(関水渚)は、ボールを怖がる気持ちがわかると言葉を掛けるが、菜々子はイイ子に見られたいだけだと自分を卑下する。相手を怒ることができず、彼氏に浮気を問い詰めることができないのだ…。そんな菜々子に伊藤智弘(仲村トオル)が説いた野球論とは!?

(文:ぐみ)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「八月は夜のバッティングセンターで。」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Copyright © TV TOKYO Corporation All rights reserved. Copyright © BS TV TOKYO Corporation All rights reserved.