あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

女優・伊藤万理華の魅力:可愛らしさから自分らしさへの変化を振り返る『サマーフィルムにのって』公開記念


(C)「お耳に合いましたら。」製作委員会

[関連記事]<お耳に合いましたら。>全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】

伊藤万理華。

2017年に乃木坂46を卒業し、現在は連続ドラマ「お耳に合いましたら。」や映画『サマーフィルムにのって』の主演として注目を集める実力派若手女優。

アイドル時代には”個人PVの女王”と呼ばれ、卒業直前の2017年末には初の個展を開催。
現在でもイラストや服のデザインを行うなどのマルチな活動を続け、一貫して”ものづくり”と”自己表現”に向き合っている人物だ。

今回は、そんな女優・伊藤万理華の活動を振り返りながら、数年間に及ぶ変化と映画ファンをも惹きつける彼女の魅力に迫っていきたい。

可愛らしさと豊かな表現力の両立


彼女の名前を世に知らしめたのが、2013年の『まりっか'17』(演出:福島真希)の存在だろう。



放課後と思われる学校。
人気のいない廊下でヘッドホンを聞きながら、リズミカルに踊り歩く女子高生。

クラシックバレエの経験を活かし、1カットのダンス映像に挑戦した本作は、乃木坂46YouTube公式アカウントにおいて個人PVの再生回数1位を記録した。(公開当時)
キュートな魅力と独創的なダンスで、以降「個人PVの女王」と呼ばれるきっかけとなる伝説的な映像となったのである。


(C)2015 「アイズ」製作委員会

続く、2015年には、ホラー映画『アイズ』(監督:福田陽平)の主役に抜擢され、弟思いの女子高生・山本由佳里を演じている。
タイトル通り、瞳がアップになる冒頭から鋭い目力で観客を惹きつけ、確かな存在感と落ち着いた演技力が作品を引っ張っていく。
精神的に追い詰められる彼女の慟哭シーンにも真に迫るものが感じられるだろう。


(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会

また、薙刀部に所属する女子高生たちの奮闘を描いた映画『あさひなぐ』(17)(監督:英勉)では、主人公の一学年上で、しっかり者の先輩・野上えりを熱演。
良き友人たちのために試合に挑み、感情を高ぶらせる役柄で見事なバイプレーヤーぶりを発揮している。

これらの作品を見ると、彼女がアイドルゆえの可愛らしさと豊かな表現力を両立し、多くのファンを確立してきたことが分かるのではないだろうか。



ちなみに、ゲーム"GRAVITY DAZE 2"のWeb CMでは、逃げ回る飼い猫を追いかける姉妹の妹役を演じている。

国内外で高く評価された本作では、重力が乱れるマンションの一室を回転するセットで再現。
長回し撮影を行っており、メイキング映像では終了後の安堵感からか号泣する様子も記録されている。

実は、このCM、彼女の初個人PV「ナイフ」と同じく柳沢翔監督がメガホンを担当。
彼女は、のちのインタビューで「ナイフ」が女優を志した原点とも語っており、クリエイターとの繫がりを大切にしてきたことが、その人気の大きな要因と言えるのかもしれない。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 自己表現への新たな挑戦

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録