あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

女優・白石麻衣の強み:ナチュラルに役と向き合い魅了する表現者


「漂着者」(C)テレビ朝日

【関連記事】女優・西野七瀬の魅力:デビュー10周年、注目したい飛躍の瞬間

2021年7月23日から放送されているドラマ「漂着者」(テレビ朝日系)で新聞記者の新谷詠美役を演じている元乃木坂46の白石麻衣。

本作は乃木坂46卒業後、初の連続ドラマ出演となっており、当然周囲の期待値も高くなっている。これまで教師役からOL役などコメディやシリアスを問わず様々な役柄を演じ、女優としても着実に力をつけてきた白石。西野七瀬や深川麻衣、若月佑美など乃木坂46の卒業生が女優として活躍しているが、白石もまた活躍が期待されるひとりであることは間違いない。

今回はこれまでのキャリアを振り返りながら、白石の女優としての魅力に迫っていきたい。

“グループの顔”として活躍した乃木坂46時代



グループ活動のみならず、モデル・女優・CM・バラエティなど広範に渡って活躍してきた白石は、6thシングル「ガールズルール」(2013)、17thシングル「インフルエンサー」(2017)、20thシングル「シンクロニシティ」(2018)などWセンターを含めた全5作においてセンターを務め、グループの顔として乃木坂46のイメージを形成してきたひとりとしてある。

グループの顔としての活躍にふさわしく白石は常にグループの先陣を切ってきた。初のレギュラーMC「うまズキッ!」(フジテレビ系)を初め、「Ray」の専属モデルに抜擢、初のソロ写真集など、白石のマルチな活躍はアイドルファン以外にも乃木坂46の名前を認知させるきっかけとなった。

また、白石は乃木坂46の写真集のムーブメントを作り上げた第一人者であり、グループ初のランジェリー姿ということでも話題となった2nd写真集「パスポート」は累計発行部数50万部を突破する大ヒット。長きに渡って売れ続ける息の長い作品になっており、もはや説明不要の人気となっている。乃木坂46というグループの名前を多方面に広げてきたのは、間違いなく白石の功績によるものだ。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「やれたかも委員会」「俺のスカート、どこ行った?」『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』…これまでの出演作を振り返る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録