あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』世界的テロ組織のメンバー 役で城田優が出演!



『TOKYO MER~走る緊急救命室~』画像ギャラリーはこちら


TBSで毎週日曜よる9時から放送中の鈴木亮平主演の本格救命医療ドラマ、日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に、世界的テロ組織のメンバー エリオット・椿役で城田優が出演することが分かった。

15日放送の第7話からは新章に突入し、新たな展開を迎えている本作。これまで喜多見の秘密として伏せられてきた、彼の経歴の“空白の1年”に一体何があったのかが明かされると共に、その秘密を巡って「TOKYO MER」は大きく揺れ、物語は一気に加速し展開していく。第7話からは、その喜多見の“空白の1年”を追う新章のキーパーソン、公安刑事・月島しずかが登場。そして、喜多見に近づく謎の男・椿の登場により、物語は大きく動きだす。



第7話で喜多見たち「TOKYO MER」は、清掃会社で起きた集団食中毒事件の現場に出動。しかしそこにいたのは不法就労で働く外国人労働者と、多くの警察官たちだった。さらに、救助中に起きた爆発事故により大勢の負傷者が出てしまう。その裏では、世界的なテロ組織・LP9が政府に無謀な要求を突きつけていた。政府が対応に苦慮する中、喜多見と「TOKYO MER」メンバーは、公安刑事・月島ら警察の制止を無視して傷病者たちの救命・救出を行い、一人の死者も出すことなく無事に事件は解決した。



かと思いきや・・・事件現場には救急隊員に変装して喜多見に近づく謎の男がいた。城田優演じるエリオット・椿だ。事件の後、喜多見に「約束は果たしますよ、喜多見先生」という意味深なメールを送り付けた椿。果たして、医師・喜多見とテロ組織の椿はどんな関係なのか? 喜多見と椿が交わした“約束”とは何なのか? 今後、椿は「TOKYO MER」の存亡を揺るがすキーパーソンとなっていく・・・。

番組情報

[タイトル]日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
[放送日時]毎週日曜よる9:00~9:54
[番組公式サイト]https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/
[番組公式Twitter]@tokyo_mer_tbs
[番組公式Instagram]tokyo_mer_tbs
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録