あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「お耳に合いましたら。」第7話レビュー:ドムドムバーガーを食べて「バディ」になろう!(※ストーリーネタバレあり)



「お耳に合いましたら。」第7話画像ギャラリーへ

【関連記事】第1話レビュー:のびのび伊藤万理華が魅力的!隙のない布陣の「好き」にまつわるドラマ

【関連記事】第2話レビュー:まるでポッドキャスト版「映像研」? 「好き」は何よりも尊い

【関連記事】第3話レビュー:「飯テロ」でありつつ「好きテロ」ドラマ

【関連記事】第4話レビュー:無心に「好き」なことをする効用

【関連記事】第5話レビュー:エゴサーチは回転寿司⁉︎ アクロバティックな脚本が見事に決まった傑作回

【関連記事】第6話レビュー:乃木坂46ファンは号泣⁉ 伊藤万理華&桜井玲香の見事な共演


テレビ東京が音楽ストリーミングサービス「Spotify」と共に、ポッドキャスト番組と連動させたオリジナルドラマ「お耳に合いましたら。」を2021年7月8日より放送する。

伊藤万理華演じる会社員の高村美園が、とあることをきっかけにポッドキャストを始め、人気のパーソナリティ目指して奮闘する物語。

本記事では、第7話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「お耳に合いましたら。」第7話レビュー

好きなものを、好きなように食べて、好きなように語る。

伊藤万理華主演のポッドキャスト&チェンメシストーリー「お耳に合いましたら。」。元乃木坂46桜井玲香と共演した第6話がとても良かったのだが、第7話「ヘタレ王子と八本の矢」も実に気持ちの良いお話だった。

高村美園(伊藤)は取引先のスーパーに直接、営業に行くよう命じられる。バディは営業部エースの桐石(中島歩)。桐石は「八本の矢」と呼ばれる武器を持っていた。スマイル、自信、データとマーケティング(以下略)。ところが店長の大門(松尾諭)には、まったく通用しない。あっという間に自信喪失してダメ男と化す桐石。美園にも「ガラスのエース」「ちっちぇえ……」と呆れられる始末。

すっかりやる気を失った桐石に、美園はスーパーの近所にあったチェンメシ・ドムドムバーガーを食べさせて励ます。ドムドムバーガーといえば、日本初のハンバーガーチェーン店として知られるが、最盛期の90年代には約400あった店舗が現在は27にまで減ってしまった“絶滅危惧種”。現在は、美園が食べていた「お好み焼きバーガー」や「はみでる!アジフライバーガー」など個性的なメニューで勝負をかけている。ピンチのときに食べるにはぴったりのチェンメシだ。桐石がかぶりついている姿を見て、ものすごくドムドムバーガーが食べたくなった人は少なくあるまい。

桐石と美園は再びあの手この手を使って店長攻略を目指す。跳ね返されるたびに、ドムドムを食べて反省会を繰り返すふたり。桐石と美園の間に、いつしか会社の先輩と後輩、男女を超えた、ほのかな友情が生まれているのが微笑ましい。なんでも器用にこなすように見えた桐石が実は不器用な男だとわかるのだが、それを隠したり、誤魔化したりしないで、まるごと晒しているのがいいのかも(それを美園にポッドキャストの話のネタにされていたりするのだが)。最後は、ちゃんと美園のアドバイスにも従うようにもなっていた。

結局、営業に成功した桐石は鼻高々。実は成功したきっかけは「方言」だったというオチ(桐石と店長が青森出身だった)。エンディングダンスには桐石も登場して、本当の「バディ」になった感じがすごく良かったエピソードだった。やっぱり誰かと一緒に同じものを「うまい!」と思いながら食べていると、何か連帯感が生まれるんだろうなぁ。

(文:大山くまお)

「お耳に合いましたら。」第7話ストーリー



雑誌の「イマ聴くべきPodcast10選」に「お耳に合いましたら。」が選ばれた美園(伊藤万理華)は徐々に認知されてきていることに、喜びが隠せないでいた。そんな中、営業部エースの桐石(中島歩)と取引先のスーパーへ営業をする事に。
何事もそつなくこなす桐石の営業テクニックを見て感銘をうけていたが、スーパーの店長・大門(松尾諭)にはテクニックが通じず、壁にぶち当たってしまう。やる気を失くしてしまった桐石を励まそうと、美園は声をかけるが…


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「お耳に合いましたら。」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©「お耳に合いましたら。」製作委員会