あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-09-03

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』解説:MCUの新章突入を象徴する作品

(C)Marvel Studios 2021



『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 画像ギャラリーはこちら

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作にして25作目の長編映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が2021年9月3日に公開されます。

現在MCUは『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後を受けたフェーズ4が展開されていますが、これまで発表された映画『ブラック・ウィドウ』、ドラマ「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」はこれまでのフェーズ3の作品の貯金を使った作品群でした。

これに対して『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は今まで事前の顔見世もなかった全く新規のヒーローの物語です(『ドクター・ストレンジ』『キャプテン・マーベル』)以来。

しかも主演は無名に近いアジア系俳優シム・リウを抜擢という挑戦的な選択をしています。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で大きな区切りを迎えた後のMCUは『シャン・チー/テン・リングスの伝説』で文字通りの新章突入の瞬間を迎えたといえるでしょう。

マーベル最新作は武侠映画!?



『シャン・チー/テン・リングスの伝説』はあえてジャンル分けするなら武侠映画(時代劇カンフー映画)と言っていいかもしれません。

そう考えると、『グリーン・ディスティニー』のミシェル・ヨーや『HERO』『グランド・マスター』のトニー・レオンといった武侠映画に実績のあるベテラン俳優で脇を固めたのも納得です。

主演のシム・リウが映画の中で成長していくというのも武侠映画によくある話で、現代を舞台にしていますが、後半はファンタジー要素も強く武侠映画らしさを色濃く感じます。

問題はというか、今後の課題は、この武侠映画路線を保ちつつ、どうやってマーベルとMCUの世界観に繋げていくかですね。

脇のキャストやカメオ出演で以前のマーベル作品のキャラクターが登場したりしていますが、まだストーリーに絡むところまで行っていません。

次作の『エターナルズ』ともども、いよいよ正念場となったMCUフェーズ4の展開と観客からの反応がどうなるのか、大いに気になるところです。



MCUフェーズ4には各作品への別のヒーローのゲスト出演(スパイダーマンの新作『スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム』にドクターストレンジが登場する)などはするものの、“アベンジャーズ”のタイトルの映画がないというのも、フェーズ4は新たな種を蒔く時期としているのかなと思います。

シャン・チーはその新たな種の第一弾ということで、ここで成否がかかっているといっても言い過ぎではなく、マーベルファン、アメコミ映画ファンとしては期待と不安が入り混じっているような思いでいます。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > マーベルの新機軸はどう転がるか?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録