あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『護られなかった者たちへ』レビュー:佐藤健が追われ、阿部寛が追う!東日本大震災がもたらした殺人事件と社会の闇



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」 SHORT

東日本大震災が引き金となっての悲劇の連続殺人事件の実態を暴いた作品です。

ただし犯人は誰か?といったミステリ色もさながら、それ以上に本作の大きなモチーフとなっていくのは、社会の闇。

それが何であるかは直接ご覧になっていただきたいとして、ここに瀬々敬久監督ならではの常に社会を見据えた上でのエンタテインメントを目指す姿勢が如実にうかがえます。



時に意欲が過ぎて観念的になることもある瀬々作品ではありますが、今回はミステリと社会批判、そして東日本大震災を奇縁とする人々の絆みたいなものもヒューマニスティックにバランスよく構築されているのが妙味で、このあたりは先ごろ公開されたばかりのアニメーション映画『岬のマヨイガ』と共通するものも感じられてなりません。

2021年は『明日の食卓』も好評だった瀬々敬久監督の、また新たな衝撃と感動の社会派ミステリ映画の秀作……と、これ以上内容に言及すると情緒も含めたネタバレになりかねない恐れがありますのでここらで止めておきましょう。



キャストに言及しますと、事件の容疑者となる佐藤健、刑事の阿部寛、追われる側と追う側のふたりを中心に映画は回っていきます。

主演ふたりの存在感はいうまでもなく、また今回の彼らの劇中におけるバランスも実に巧みです。



容疑者側のドラマに関わってくる若手・清原果耶&ベテラン・倍賞美津子の上手さは、もうそれだけで本作を見る価値は大いにありといっても過言ではないでしょう。



一方で阿部寛とコンビを組まされる林遣都の現代っ子ぶりも嫌味になることなく両者のチグハグさを引き立てる上で良いフックにもなっています。



いずれにしましても、まさに現代社会をもがき苦しみながら必死に生きている弱者のために作られたような映画です。

特に現在のコロナ禍で生活や生き方が困難になっている人たちならば、必ずや何某かのカタルシスを見出すことが出来るでしょう。



(文:増當竜也)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『護られなかった者たちへ』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録