あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-10-01

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ついに公開!賛否両論あれど、個人的には120点!!

(C)2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.



『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』画像ギャラリーはこちら

新型コロナウィルスの感染拡大の影響をもろに受けて、当初の予定より1年半以上の公開延期期間を経てついに『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開されました。

シリーズ25作目というメモリアルな作品であり、ダニエル・クレイグが“007”ことジェームズ・ボンドを演じる最終作でもあります。

※本文では『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のネタバレになる部分には触れていません。ただし、前作『スペクター』までの作品の結末の内容を含む一部ネタバレに触れています。

ダニエル・クレイグのボンドについて



もともと、ダニエル・クレイグがボンドを演じることになってから、シリーズには新機軸がいくつも取り込まれて、毎作ごとに実験作・意欲作とされてきました。

今ではちょっと考えられないことですが、“金髪碧眼”のボンドということ自体にも当初はかなりの拒絶反応が出ていました。

しかし、当時まだ30代だったダニエル・クレイグの若々しさ・荒々しさを取り込んで公開された『007/カジノ・ロワイヤル』は“新時代の007の誕生”として高い評価を受けました。

以降『慰めの報酬』『スカイフォール』『スペクター』そして今回の『ノー・タイム・トゥ・ダイ』とダニエル・クレイグのボンドは常に革新的な21世紀のスパイ映画を作り上げていきました。

物語の在り方についても、今までの007シリーズの流れとは大きく変わり、すべての作品に濃厚なつながりがあります。今回の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も前作の『スペクター』の直後から話が始まります。

Amazonプライムビデオで007シリーズの過去24作品がすべて配信されています。ショーン・コネリーの頃からさかのぼると大変ですが、できれば『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の予習や復習もかねてダニエル・クレイグのボンドが活躍する『カジノ・ロワイヤル』から『スペクター』までのダニエル・クレイグの作品だけでもチェックしてみてください。



特に『スペクター』は(ボンドガール改め)ボンドウーマンのレア・セドゥ演じるマドーレヌ・スワンが続投していいて、彼女との関係性などが全く語られずに『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の物語が始まるので、後追いでもいいので見ておいたほうがいいです。

Amazonプライムビデオで007シリーズを観る

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 予告編は予告編でしかなかった!?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録