あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

“キング・オブ・ホラー”ジョージ・A・ロメロ監督、幻の3作品がついに劇場公開!

©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

ジョージ・A・ロメロ監督といえば、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(68)『ゾンビ』(78)『死霊のえじき』(85)などのゾンビ映画で一世を風靡するとともに、今に至るブームを築き上げた第一人者としてもリスペクトされ続けているキング・オブ・ホラーの名匠です。

そして今回、彼の伝説的な旧作3作品『アミューズメント・パ-ク』(73)『ザ・クレイジーズ』(73)『マーティン/呪われた吸血少年』(77)の3作品が劇場公開されることになりました!

特に『アミューズメント・パーク』は長らくフィルムが行方不明となっていたものが2017年に発見され、4Kレストアによって蘇ったもので、文字通りの本邦初公開。

これぞロメロ・ファン、ホラー・ファンならずとも必見の異色作なのでした!

遊園地で老人が大変な目に遭う映画
『アミューズメント・パーク』

まずは『アミューズメント・パーク』ですが、本作の公式サイトのあらすじ欄を見て、思わず吹き出してしまったのですが、なぜかというと……

「遊園地で老人が罵られ、大変な目に遭う。」

たったこれだけなのです。

そして、たったこれだけのことを見事に描いてしまったがために、封印されてしまった映画でもあるのです。



もともと『アミューズメント・パーク』は年齢差別や高齢者虐待についての世間の認識を高めるべく、ルーテル協会がロメロに演出を依頼した、いわゆる教育映画のはずでした。

そしてロメロはクライアントの言う通り、遊園地の中でひとりの老紳士(リンカーン・マーゼル)が無視され、罵られ、突き飛ばされ、存在すら否定され……と虐待されていくさまを53分の中編として徹底的に描出していきました。

©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.

結果、それはもはや教会が求めるご立派な教育映画の域など優に飛び越えたジョージ・A・ロメロ監督ならではの作家性に満ち溢れたダーク・ファンタジーとしての不条理劇として屹立してしまい、恐れをなした教会はフィルムを封印してしまったのです。

今の目で見据えると十分すぎるほどにロメロ監督ならではの社会批判や文明批判がうかがえる作品ではありますが、この時期まだ『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を発表してはいたものの(しかし、このおぞましきゾンビ映画の元祖を撮っていたロメロに教育映画を依頼するルーテル教会のセンスも、ある意味おかしい?)、まだまだ知名度は薄かったロメロとしてはかなりの忸怩たるものもあったことでしょう。

老人を虐待する遊園地の客たちが次第にゾンビに見えてくるようなおぞましさ、そしてゾンビこそは人間のおぞましさを委ねたメタファーでもあったわけで、そうこう考えていくとまさに『ナイト・オブ~』や本作の流れを経て『ゾンビ』に行き着くことが容易にお分かりいただけるのではないかと思われます。

そして『アミューズメント・パーク』から『ゾンビ』へ至る過程の中で見過ごせない2作品『ザ・クレイジーズ』と『マーティン』も同時に公開されるのでした!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ロメロ映画の原点が見える『ザ・クレイジーズ』と『マーティン』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録