あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<午前十時の映画祭>『モスラ』4Kデジタル・リマスター版に入っている〈序曲〉とは?



配給:東宝

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

邦洋問わず珠玉の名作映画を毎年上映しては新旧の映画ファンを楽しませ続けて久しい〈午前十時の映画祭〉は2020年3月に一度終了したものの、閉幕を惜しむ多くの声に応えて2021年4月より再開し、現在11回目を絶賛開催中です。(2022年度の第12回目開催も、先ごろめでたく決定!)

上映スケジュールは大きく〈グループA〉〈グループB〉と分けられていますが、その中で〈グループB〉12月10日より、〈グループA〉12月24日より、それぞれ2週間上映される作品が、東宝特撮映画の至宝『モスラ』(61)!

しかも今回は待望の4Kデジタル・リマスター版での上映となります!

さらに特筆すべきは、この4K版、何とこれまで特撮ファンや映画音楽ファンの間で幻とされてきた〈序曲〉が冒頭に入っている!

もっとも、そこで「映画の〈序曲〉って何?」と思われた方も、特に若い方は多かろうとも思われます。

今回はそんな「〈序曲〉とは何ぞや?」にスポットを当ててみたいと思います。

今回の『モスラ』上映は
幻の〈序曲〉入り版!


まず、1961年度の映画『モスラ』に関して今更細かいことをくどくど述べる必要もないでしょう。

ゴジラに負けず劣らずの人気を誇る(特に女子の人気が高い)大怪獣モスラ。

南海の孤島インファント島から連れ去られて日本で見世物にされる双子の小美人を連れ戻すため、島の守り神モスラの幼虫が卵から孵化して海を渡って日本に上陸! 東京の街を破壊しながら、やがて東京タワーに巨大な繭を作って成虫になり、更なる猛威をふるっていきます。

世界に誇る東宝特撮映画の雄・本多猪四郎監督&円谷英二特技監督の名コンビによる代表作の1本。

東京タワーはもちろんのこと、当時の渋谷の街を再現したミニチュアセットが破壊されまくる様子も圧巻!

キャストもフランキー堺、香川京子、小泉博、ジェリー伊藤、そして小美人に扮したザ・ピーナッツのふたりが歌う〈モスラの歌〉は映画主題歌のスタンダードとなって久しいものがあります。

主題歌を含む本作の音楽を担当したのは小関裕而。

昨年のNHKテレビ小説「エール」主人公・作曲家のモデルとしても有名な彼にとって、『モスラ』は唯一の東宝特撮映画音楽でもありました。

さて今回の『モスラ』4Kデジタル・リマスター版ですが、その詳細は以下を参照していただけるといかに大変な作業であったかがおわかりいただけるかと思われます。



そして、その中でもファンを狂喜させてくれたのが、何と初公開時に全国11館のみの映画館で上映された、およそ1分の〈序曲〉がついた幻の磁気4chステレオ・ヴァージョンでの上映ということでしょう。

〈序曲〉そのものは『モスラ』サントラ盤の中に入っていることから、ファンの間では古くから知られた存在ではありましたが、いざそれが入ったヴァージョンを見ることは叶わないといった状況が、それこそ初公開以降ずっと続いていたわけで、つまりはおよそ60年ぶりに初公開時の完全形態での『モスラ』を観賞できることになったわけです。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > テレビに対抗する超大作映画に 必須の存在だった〈序曲〉

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録