あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

《ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2》ルパン三世やコブラのモデルにしてフランスの大スター再び!

SHARE



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

2020年の秋、《ジャン=ポール・ベルモンド傑作選》としてフランス映画界の大スター、ジャン=ポール・ベルモンドの主演映画8作品がHDリマスターで特集上映されるや、コロナ禍を吹き飛ばすクリーン・ヒットとなりました。

その際、東京・名古屋・関西の各上映劇場で次に観たいベルモンド出演作を募るベルモンド総選挙を実施し、今回はその投票結果をもとに新たな5作品を選抜して第2弾を開催!

前回見逃した方もまだジャン=ポール・ベルモンドに間に合います!



J・チェンやスピルバーグら
クリエイターに与えた影響

まずはジャン=ポール・ベルモンドの経歴からざっと振り返ってみましょう。

1933年4月9日、フランスのパリ郊外ヌイイ=シェル=セーヌで生まれた彼は16歳の頃より演劇に興味を持ち始め、51年に国立高等演劇学校へ入学。

53年にはふたつの演劇で主演を務め、56年に同校を卒業する頃には批評家にも注目される存在となっていました。

映画デビューは57年で、59年のジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』に主演し、ヌーヴェルヴァーグの代表作として大ヒットするとともに、一気にスターダムに。

そして1960年代、ベルモンドはコミカル・アクションの方向へ出演作品の軸足を傾けていきます。


『リオの男』 (C) 1964 TF1 Droits Audiovisuels All rights reserved.

それを決定づけたのが、今回上映される『リオの男』(64/総選挙第1位)でしょう。

フィリップ・ド・ブロカ監督の『大盗賊』(61)で意気投合したベルモンドが、再びコンビを組んだ作品です。

恋人アニエス(フランソワーズ・ドルレアック)を誘拐された休暇中の仏空軍パイロットのアドリアン(ジャン=ポール・ベルモンド)が、誘拐グループを追いかけながら国際便の飛行機にパスポートもなしに乗り込んで(しかもタダ乗り!?)、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに到着。

これにアマゾンの古代文明遺跡で発見された土偶の盗難事件が絡み合っていくのですが、果たしてアドリアンは休暇が終わるまでにアニエスを救出し、土偶の謎を解き明かすことが出来るのか?

というわけで、我らがベルモンドはリオの街のみならず、後半はアマゾン川流域にまで出向いての大活劇を展開していくのですが、運動神経の良い彼は危険なスタントも自らこなしながら飄々と陸・海・空を駆け巡る!

そのさまは後のジャッキー・チェンのアクロバット・アクションに先駆けているようでもあり、またこの映画を映画館で9回見たというスティーヴン・スピルバーグは、この作品をお手本にしながら『レイダース 失われたアーク』を監督した節が多分に感じられます。

そう、インディ・ジョーンズの元祖は、ジャン=ポール・ベルモンドだった!

また、本作およびそれ以降の彼の主演映画群に影響されて、漫画家のモンキー・パンチは「ルパン三世」を、寺沢武一は「コブラ」を、それぞれベルモンドをモデルに構築していったのでした。


『カトマンズの男』 (C) 1965 TF1 Droits Audiovisuels All rights reserved.

フィリップ・ド・ブロカ監督&ジャン=ポール・ベルモンドのコンビは続いて『カトマンズの男』(65/総選挙第4位)を世に送り出し、これがベルモンド人気をさらに強く決定づけることになりました。

ここでのベルモンドは、大富豪すぎて生きる張り合いをなくした自殺志願者!?

しかし香港旅行中に突然破産宣告され、しかも多額の保険金をかけられて何者かに命を狙われる羽目になり、インド、ネパール、再び香港、そしてマレーシアと、アジア中を逃げ回っていくのでした!

『リオの男』を凌ぐスケールとギャグ満載のアクションの数々は、ジャッキー・チェンの『プロジェクトA』にも大きな影響を及ぼしていると思しき快作。

また冒頭の富豪時代のベルモンドが『ちびまる子ちゃん』の花輪クンみたいなお金持ち髪型していたり、途中で怪盗ルパンみたいな扮装になって逃げ回ったり、果ては女装姿も拝めたりと、サービス満載!

(そういえばウルスラ・アンドレス扮するヒロインのストリッパーが、服を着ていくストリップを披露するのも新鮮)

このド・ブロカ&ベルモンドによる2本の“男”映画、邦題がそうなっているだけで、実際はシリーズでも何でもないのですが、主人公の世界を股にかけた大冒険ということでは共通しています。

そして先に述べた世界中のクリエイターに多大な影響を与えながら、ジャン=ポール・ベルモンドはフランス映画界を代表する国際スターとして堂々君臨し続けていくのでした!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > コミカルアクションだけでなくシリアスなファンタジーも!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録