あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「相棒 season20」第1話レビュー:謎の死は“口封じ”?因縁の相手に立ち向かう特命係(ストーリーネタバレあり)



「相棒 season20」画像ギャラリーへ


シーズン20作目となる「相棒」が、2021年10月13日(水)にスタートした。

水谷豊演じる杉下右京と、反町隆史演じる冠城亘によるタッグは今作で7シーズン目に突入。
前作「相棒 season19」で全4話に連なって描かれた壮大な事件の闇がついに明かされ、冠城逮捕という衝撃の幕開けに。

本記事では、その第1話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「相棒 season20」第1話レビュー



「相棒」シーズン20がスタート。しかし、初回からなんとも穏やかではない。シーズン19の最後に「必ず悪事を暴いてみせる」と右京が宣戦布告した因縁の相手・官房長官の鶴田が敵として立ちふさがる。

前シーズン、IT長者・加西周明殺害を主導しながらも、愛人関係にあった柾庸子が「私の一存でやった」と自白したために罪を免れた鶴田。「こてまり」にやってきた彼は、庸子が拘置所で自殺したことを右京たちに告げる。

庸子の自殺を知って様々な反応を見せる警視庁の面々。「罪を償わずして死ぬなんてのはいかん」としつつも、先を思うとつらかったのでは…と理解を示したのは「ヒマかっ?」でおなじみ組対五課の角田課長。ふざけることも多いが実はこのように優しい角田。「相棒」キャストの中では特にまっとうな人柄だといつも思う。一方「口封じだな」と物騒に言い放ったのはサイバーセキュリティ対策本部の青木。相変わらずの生意気さで、こちらも初回からある意味平常運転だ。

そして、庸子の突然の死に納得いかない人物が1人いた。元弁護士・中郷都々子だ。彼女は加西の持ち物である鍵を弁護士事務所から盗み出し、「調べてほしい」と右京と冠城に託す。

しかし、この鍵のせいで思わぬ災難到来。冠城に鍵の窃盗容疑がかかり、監察官の大河内と伊丹、芹沢、出雲ら捜査一課の3人、そして青木が揃って罪を咎めにやってくる。犯人は都々子のはずなのになぜか冠城が鍵を盗んでいる映像が出てきて、しかもフェイク判定は出なかったらしい。

冠城が動けなくなる中、単独で都々子と会う右京。「つかまえる…よね?」「抱かれれば見逃すとか?」とフラッパーな態度をとる都々子に、「君はどこかのネジが1本緩んでいるような気がします」と冷静に諭すのがなんとも右京らしい。そして、右京は都々子から加西が鍵を「切り札」だと口にしていたことを聞きだす。

一方、冠城は伊丹ら捜査一課による取り調べを受けていた。




黙秘を貫く冠城だったが、そこへ右京が現れて「ただちに罪を認めてとっとと拘置所へ行きなさい!そして、君は君のすべきことをなさい!」と怒鳴りつける。それを受けて罪を認める冠城。明らかに連携プレーなのが見てとれた。拘置所へ行って何か掴んで来い…という右京のメッセージ。それを冠城もすぐ理解した様子。長年コンビを組んでいる二人がツーカーになっているのを感じさせる場面だった。これぞ“相棒”だ。

その後、警察庁長官官房付の甲斐峯秋と警視庁総務部広報課長の社美彌子も右京の元へやってくる。どうやら甲斐の部下(=冠城)が犯罪者というスキャンダル記事が出てしまうらしい。事態はどんどん悪化していくが、もちろん右京は捜査をやめる気はなし。そして、不起訴で戻ってきた冠城は、庸子があわただしく拘置所内の病院に運ばれていたらしい…という情報を掴んでくる。死んだときの状況を見る限り蘇生の見込みはないのに、なぜ急いで運び込まねばいけなかったのか…と疑問に思う右京たち。

そして、右京と冠城は改めて都々子の元を訊ねる。しかし、彼らが見つけたのは自室で亡くなっている彼女の姿だった。

庸子の自殺、冠城の窃盗容疑、そして、都々子の死。次々と不可解なことが起こったが、女性たちの死はやはり“口封じ”なのだろうか? そして、要所要所で現れる不思議な笑顔を浮かべた女性。彼女は一体何者なのか? 謎が多いまま第1話は幕を閉じた。

強力な敵を相手にするハードなストーリーの中、レギュラーや準レギュラーが多数登場。新たなシーズンの幕開けらしい見応え十分の初回だった。また久々に登場した元官房長官・朱雀が「亀山」「小野田」の名を口にしたのが非常に心に残った。初代相棒・亀山薫と特命係の後ろ盾だった小野田公顕。活躍していたのは何年も前のことだが、彼らの名前はいまでも決して色あせることなく「相棒」ファンの心に残っている。だからこそ、劇中で名前を聞けたのがとても嬉しかった。



国家権力を持ち残忍なことも平気でやってのける鶴田の悪事を暴くため、果たして右京と冠城はどう戦うのだろうか? 早くも続きが気になるところである。

「相棒 season20」第1話ストーリー


半年前の春。官房長官の鶴田翁助(相島一之)は、加西周明(石丸幹二)暗殺事件を主導しながら、愛人である柾庸子(遠山景織子)の“自白”によって罪を逃れた。そんな中、鶴田が師と仰ぐ元官房長官の朱雀武比古(本田博太郎)が、3年前に仮出所していたことを知った特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、裏に鶴田の思惑があったのではと探りを入れる。すると、拘置所に収容されている庸子の接見が突然、禁止となった。不審に思った右京と亘が事態を探りはじめた直後、鶴田が突如、“こてまり”に姿を現し、驚愕の事実を告げる。なんと、庸子が拘置所内で自殺したという。
冷徹で残忍な鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。同じく彼女の死に疑問を感じた元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も独自に動きはじめるが、やがて事件には想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚。そして、ついには、亘が逮捕される事態に――!

(文:田下愛)


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「相棒 season20」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)テレビ朝日