あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

門脇麦の魅力:「陰」と見せかけ「陽」でも引き込む


(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ


純粋無垢なイメージ通りのソフトな役柄から、見た目からは想像もできないようなハードな役柄まで幅広く挑みその期待を裏切らない、女優・門脇麦。

一環して共通しているのは、誰もを魅了する強力な”ミステリアス”さ。

そんな彼女の魅力を深堀りするべく、ソフト〜ハードな門脇麦を6作品に渡り追っていく。

Lv.1:容姿から所作まで、申し分のない箱入りお嬢様。『あのこは貴族』


(C)山内マリコ/集英社・「あのこは貴族」製作委員会

門脇麦も出演する映画『ここは退屈迎えに来て』(18)などの原作を手掛ける山内マリコと、岨手由貴子監督・脚本作品である『あのこは貴族』(20)。Amazon Prime Videoにて配信中。

超ド級のお坊ちゃま且つ誰が見ても振り返るイケメン・青木幸一郎(高良健吾)を介して出会った、生粋のお嬢様・華子(門脇麦)と地方出身の成り上がり女子・美紀(水原希子)。

東京でおんなじように暮らしているのに、全く異なる世界線を生きているーーお嬢様でもなければ高卒な私からするとどちらにも共感はできないが、どちらかといえば紛れもなく美紀に共感する。大学生の「ちょっとお茶しよ」が5,000円のアフターヌーンティーだなんて誰も思わない。というのも”あのこ”じゃない側のいち意見に過ぎないが。

至純な印象の門脇麦に、上辺の東京しか知らない箱入り娘という役柄は誰が見ても異論はないだろう。

容姿のみならず、所作や雰囲気までをも完全にカバー。
外界の怖さを1ミリも知らない箱入り加減、ファッションやメイク、人との接し方、すべてにおいて”上流の平均値”を保っているあの感じ、そこから形成される意志のなさ…要所要所から「お嬢様が故の隠れたネガティブさ」を感じ取ることができた。

両家顔合わせで幸一郎宅を訪れたときの和室でのお作法はお手本そのもので、幸一郎の両親が華子のことを調査していなかったとしても、一発で結婚を許可していただろう。

門脇麦演じる華子は、”あのこ”そのものだったのだ。

Lv.2:一線を超えない清純さがドキドキを加速させる『うきわ ―友達以上、不倫未満―』


(C)野村宗弘・小学館/「うきわ ―友達以上、不倫未満―」製作委員会

通常、ドラマ夏クールは7月スタートが一般的だが、2021年8月という珍しい時期にスタートしたテレビ東京系連続ドラマ『うきわ―友達以上、不倫未満―』。Paraviにて配信中。

広島で安定した結婚生活を送る中山麻衣子(門脇麦)と中山拓也(大東駿介)。東京への転勤が決まり、社宅に住むことに。隣に住んでいたのは、東京本社で拓也の上司となる二葉一(森山直太朗)と二葉聖(西田尚美)夫妻だった。

うまくいっていると思っていた結婚生活は東京への転勤を機に少しずつ狂い始め、”お互いに配偶者が不倫をしている”という共通点から、麻衣子と一の距離が縮まっていく。

“不倫まで壁一枚ラブストーリー”というコピーさながら、自他共に認める不倫ドラマなのに、際どい描写が一切なくて、ソワソワさせられっぱなしな全8話。なにもない方がエロいってこういうことか…

そう、なにもない、なにもないのだが、なにもないからこその「なにかありそう」な麻衣子の底知れぬ影。この絶妙な雰囲気を醸し出せるのは門脇麦しかいない。間違いない。

門脇麦のみならず、森山直太朗をはじめとして大東駿介、西田尚美、蓮佛美沙子、田中樹(SixTONES)、小西桜子、高橋文哉と全キャストがぴたっとハマりすぎていた。私は原作は読んだことがないのだが、SNSで「原作を裏切らない脚色」という意見も多く見かけた。ドラマ化に感謝。

ただひとつ言えるのは、麻衣子の不倫相手が一でよかったということ。麻衣子、無自覚なのかどうかはわからないが、いろいろと隙がありすぎる。一じゃなかったら最初のデートの帰りか最終話のカラオケで完全に襲われてる。ですよね?

今回紹介する作品の中では、最新作となる『うきわ』、少し大人になった門脇麦が垣間見えた。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > Lv.3:あまりにも恐ろしい、分断された人種の確執『太陽』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録