あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

91歳の反逆児。孤高の騎士クリント・イーストウッドの正体とは?


(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

cinemasPLUSさんから「私の推す俳優」企画の話をもらって、うっかり「クリント・イーストウッド俳優論、書きますよ〜」と安請け合いしてしまったあの頃の自分を、フルボッコしてやりたい。なぜ自分は、よりによってハリウッドの生きる伝説ともいうべきイーストウッドを選んでしまったのか。俳優として半世紀以上のキャリアを誇る大俳優論なんぞ、筆者のような最弱映画ライターに書ける訳ないじゃんか!!!

という訳で筆者は今、絶望と無力感の狭間でもがき苦しんでいるのだが、引き受けてしまったからには仕方がない。とりあえず、彼の簡単なプロフィールから紹介していこう。

“健康不良少年”から駆け出しの無名役者へ

(C)Eastwood Directs: The Untold Story

イーストウッドは1930年5月31日、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。イーストウッドの父親・クリントンは、パルプ・製紙会社ジョージア=パシフィックの生産課長で、母親・ルースはIBMで働く事務職。カリフォルニアのなかでも裕福なエリアに住み、自宅はプール付きで、両親が運転する車が2台あったというから、富裕層だったと言えるだろう。

イーストウッドはティーンエイジャーの頃から“健康不良少年”だった。成績不振のためにミドルスクールを留年し、学校の芝生を燃やす(!)という悪行を働いてハイスクールを退学。その後は、新聞配達員、食料品店員、森林消防隊、ライフガード、ゴルフのキャディーなど様々な職を転々とする。やがて仲間の一人から「映画に出演すると小銭が稼げるらしいぞ」という話を聞き、映画のオーディションを受けまくることに。

やがて、SFホラー映画『半魚人の逆襲』(1955年)の端役で映画デビューを果たすが、最初は鳴かず飛ばず状態。しばらくは辛酸を嘗める日々が続いた。ちなみに、みんな大好き『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』(1990年)では、全編に渡ってクリント・イーストウッド主演の西部劇『荒野の用心棒』(1964年)へのオマージュが捧げられているが、マーティが1885年にタイムスリップするドライブインシアターに、『半魚人の逆襲』のポスターが貼ってあったりする。あのイーストウッドも、無名時代はB級SF映画に出演していた、と言うギャグなのだ。

なおイーストウッドは、駆け出し時代をこんな風に振り返っている。

ーー「俳優としてのデビューはハードでしたか?」
イーストウッド「そんなことはなかった。だが困難なときもあった。俳優にとって最悪なのは、侮辱だ。そんなもの誰も口にしたりはしないが、これは俳優という仕事の一部をなしている」

(『クリント・イーストウッド―キネ旬ムック―フィルムメーカーズ』より抜粋)

いかにもイーストウッドらしいコメントなり。彼は無名時代から己のプライドを大切にしてきた男だ。それは、彼が演じる役柄にも表れているのだが、それについては後述しよう。

NEXT|次ページ > 西部劇を蘇らせ、西部劇を埋葬した男

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録