あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<杉野遥亮>の魅力:小学生からヤンキーまで演じきる力がすごい

<「僕の姉ちゃん」特集企画>

懺悔したい。杉野遥亮(すぎの ようすけ)の演技がこんなにいいって、最近まで知らなかった。なんとなく「FINEBOYS専属モデルもやってる長身イケメンの人」「少女漫画原作の映画によく出ている人」というふわっとしたイメージしかもっていなかった。

だが、今年2021年に彼が出演した作品で重要な役を演じていることが多く、役柄がみんな違いすぎてみんなよく、いい意味で驚いた。こんなに幅広い役ができる人だって、知らなかった!

本記事では、4つの作品を取り上げて、彼の魅力にせまりたいと思う。

ごく普通な新卒男子の日常を演じた「僕の姉ちゃん」

(C)テレビ東京

益田ミリの人気漫画をドラマ化したこの作品は、年の離れた姉弟の、束の間の二人暮らしを描いている。杉野はちょっと独特で辛辣な姉・ちはるに押され気味の弟・順平を演じている。順平は新卒で会社に入社したばかり、平凡で純朴な青年だ。

この作品では、いたって普通の新卒男子を体現していて、イケメンオーラを完全に消していてすごい。仕事も恋もそんなにうまくいくわけではなく、若干さえない順平。成果をあげようと空回りしてお客さんに担当を変えてと言われてしまったり、せっかく意中の相手と映画デートに行っても明るいうちにさっさと解散してしまう。

上司の子守りをしていて一瞬で懐かれたら「結婚っていいな」「俺、いい父親になれると思うんだよね」などと語りだしてしまう青さを表現している。何だかんだ姉ちゃんに相談してしまう感じ、いい意味で現代っぽくなくていい。

「生活」を描いていて、ごはんは各自で用意するため、よくインスタント麺を食べていたり、二人の家が年季の入った一軒家なのもいい。

→Amazon Prime Videoで配信中

黒髪スーツが眼福『東京リベンジャーズ』


(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

人気コミックを映画化した『東京リベンジャーズ』では、主人公・タケミチ(北村匠海)の元カノ・橘ヒナタ(今田美桜)の弟で、タイムリープの秘密を知りトリガーにもなる橘ナオト役を演じた。

姉を救うために警察官になり、全力でタケミチをサポートするナオト役、原作をかなり再現していたと思う。基本クールでドライだが、姉のことになると熱くなる緩急を演じていた。
そして黒髪かっちりした髪型×スーツが似合う……!! 頭ちっちゃ! 足なっが!

だが、「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」を見た今、この映画でヤンキー役も観てみたかったなという欲が出てしまう。


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > かわいすぎるヤンキー役で話題「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録