あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-11-04

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』が私たちに残すもの



森山未來・伊藤沙莉W主演の映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』が2021年11月5日に全国劇場公開&Netflixで全世界配信される。

森山未來演じる佐藤は、ある日偶然、昔の恋人・かおりのSNSアカウントを発見。それをきっかけに、「かつて自分よりも好きになった人」に思いを馳せる。何よりも普通であることを嫌ったかつての恋人・かおりを演じるのは、Netflix作品では「全裸監督」に出演し話題となった伊藤沙莉だ。

監督を務めるのは、今作が映画初監督となる森義仁。犬童一心や阪本順治の元で助監督として経験を積む傍ら、音楽グループ・サカナクションのPV「三日月サンセット」を手がけるなど幅広く活動してきた。

原作である同名小説は、作家でありテレビ美術制作会社の社員である燃え殻によるもの。Web上で連載された小説が、出版されるや否やベストセラーを記録した。

観た人の若い記憶を刺激し、苦い思い出を想起させるであろう本作。『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、私たちに何を残すのか。

※本編の内容に触れた箇所があります。記事閲覧の際にはご注意ください※


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > それぞれの「あの頃」を思い出し、懐かしさに襲われるシーン満載

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録