あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-11-11

トム・ホランド萌えキャラ選手権優勝作品『カオス・ウォーキング』の2つの魅力

(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

2021年11月12日より、人気小説を映画化した『カオス・ウォーキング』が公開される。本作の目玉は、『スパイダーマン』新シリーズでおなじみのトム・ホランドと、『スター・ウォーズ』続三部作で見事に女性主人公を演じきったデイジー・リドリーの共演だろう。

初めに断言しよう。「世界の孫」と呼ばれるほどにキュートさが親しまれているトム・ホランドが、史上もっともかわいいのが本作だった。トム・ホランド萌えキャラ選手権があればスパイディを超えて1位。優勝(筆者調べ)。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の2022年1月7日の日本公開はまだまだ先なので、その前に彼の魅力を再確認する絶好の機会である。

そんなわけでトム・ホランドのファンは是が非でも観てほしいし、気が強い女の子のデイジー・リドリーの前であたふたしながらも信頼を得ようとがんばる関係性はさらに萌えるので、ディストピア(ポストアポカリプス)を描いた作品なのに桃源郷かなと思ってしまった。さらにネタバレにならない範囲で『カオス・ウォーキング』の魅力を記していこう。


1:ネタバレ王子への罰かと思うほどの頭の中ダダ漏れギャグ

あらすじはこうだ。時は西暦2257年、人類は環境破壊の進んだ地球を離れて「ニュー・ワールド」という新天地にたどり着いたが、そこでは女性は死に絶え、男性は頭の中の考えが「ノイズ」と呼ばれる現象であらわれてしまう。ある日、街で最も若い青年のトッドは、墜落した偵察船の唯一の生存者となった女性のヴァイオラと出会う。トッドは星全土を支配しようと企む首長から、彼女を守ると決意するのだが……。



こう書くとものものしい印象を持たれるかもしれないが、簡潔に内容を記せば「頭の中がダダ漏れになった世界での逃避行SFアドベンチャー」である。つまり、ただでさえかわいいトム・ホランドが「やべ〜考えていること全部バレちゃう〜」という状態で、それでも大好きな女の子のためにがんばるのだ。そんなの萌える!萌えるに決まってるじゃないか!あと犬も萌える!

そして、劇中ではその「思考がダダ漏れ」なことがコメディとして活かされている。主人公は普段から自分の名前を頭の中で繰り返して考えていることを気取られないようにしていて健気だし、男の子だから恋に落ちた女の子を守るだけでなく「いい感じ」になりたいとも願ってしまう。そうした「バレちゃヤバい」気持ちそのものがとある「仕掛け」をもってギャグにしてくれているのが面白いのだ。



また、世界の孫の他にも、トム・ホランドの愛称(?)には「ネタバレ王子」がある。数々の映画の公開前にネタバレと言える情報をSNSに書き込んだり口走ってしまうネタバレ常習犯だったため、作り手側も彼に完全な脚本を渡さないなどの対策を講じていたのだ。今回の『カオス・ウォーキング』で彼が演じるのは「考えていることを好きな女の子にも強制的にバラされてしまう」ために苦悩する役なので、「ネタバレ王子への罰かな?」と思うほどだったのだ。トム・ホランドのネタバレ王子ぶりをシャレとして流せない、いまだに許せないと感じている人も必見。彼がドギマギするたびにニッコニコになることだろう。

NEXT|次ページ > 絶望的な世界観なのにカラッと楽しめる内容に

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録