あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-11-12

SNSで広がる『アイの歌声を聴かせて』の感動!ミュージカルアニメ映画史上最高の名作を絶対に今週末に観てほしい理由

(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会


(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

2021年10月29日より公開されているアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』が、ものすごいことになっている。

SNSでの絶賛の声が相次ぎ、ファンアートもたくさん投稿され、「この映画をもっと多くの人に観てもらわなければならない!」と爆発的な熱狂を生んでいるのだ。









Twitterだけでなく、TikTokの絶賛レビュー動画も大きな反響を呼んでいる。反応を受けて吉浦康裕監督もお礼のコメントとイラストを投稿した。レビューサイトでももちろん高評価であり、現在Yahoo!映画で4.26点映画.comで4.1点Filmarksでは3.9点coco映画レビューでは92%の支持率を得た。もはや2021年のベストどころじゃない、「アニメ映画史上に残る名作」「日本のミュージカル映画の最高傑作」と言える評価を得ているのだ。

他にもTwiiterでは「#細かすぎて伝わらないアイの歌声を聴かせてのここが好き選手権 」というハッシュタグが作られ、ファンがこぞって劇中の好きなシーンをたくさんあげている。細かいところまで作り込まれているからこそ語りたくなるし、何度観ても新しい発見がある作品でもあるのだ。

だからこそ、筆者も「今すぐにでも映画館で観てくれ」と何度でも言いたい。子どもから大人まで楽しめる、デートでも家族とで観るチョイスとしても最適な、ここまで万人が感動できる映画はなかなかない(筆者が4歳と5歳の甥っ子を連れて2回目を観たら「もっかい観たい」「ちょー楽しかった!」と大好評だった)。音響が優れた、集中して観られる、同じ空間で観た人と気持ちを共有できる映画館で観てこそ、一生ものの感動があるはずだ。

その他の魅力は、以下の記事でも解説したので参考にしてみてほしい。「ミュージカルが苦手」という方にもおすすめできる理由があることも、わかっていただけると信じている。

『アイの歌声を聴かせて』が大傑作である5つの理由|過去最高の土屋太鳳が爆誕!

今すぐに劇場情報と上映時間を確認してほしい理由

『アイの歌声を聴かせて』にここまで多くのSNSで評判が広がったのは、もちろん作品そのもののクオリティの高さと、号泣ものの感動があったことが大きな理由だ。しかし、それだけではない。

実は、本作の興行成績は、その評価の高さと反比例するように、かなりの苦戦を強いられていた。そもそも、観ている人の数自体が少ないのだ。だからこそ、作品に惚れ込んだ人たちが「これほどの名作がこのまま埋もれてしまうのはあまりにもったいない」「なんとか多くの人に観てほしい」と願ったことも、SNSで多くの発信につながったことは間違いない。Togetterでどうすれば「アイの歌声を聴かせて」を大ヒットさせることが出来るのか会議という題のまとめ記事が作られていることもから、ファンがいかに危機感を持っているかがわかるだろう。

これから観てみたいと思った方に、ぜひ気をつけていただきたいことがある。それは、上映開始からわずか2週間で上映回数が激減してしまい、多くの映画館でもう1日1回のみの上映になっていることだ。そのため、今すぐに劇場情報から最寄りの映画館を探して上映時間を確認し、観に行ける時間があれば予約の上で映画館に駆けつけてほしい。

もちろん、もう1日1回上映になっているということは、ここまでの口コミが広がって「観てみたいな」と思ったとしても、うかうかしていたらすぐに上映が終了してしまうかもしれないということ、映画館という最高の環境で観る機会がほぼ永久に失われてしまうということでもある。だからこそ、今週末に是が非でも観てほしいのだ。

この公開後すぐは興行的には苦戦したものの、SNSでの絶賛の嵐やファンアートが盛り上がっていったのは2018年の『若おかみは小学生!』を思い出す。こちらよりは口コミが広がるのがやや遅くなっているとも言えるので、ここから早急に観客が入らなければならない。何度でも言おう。「今すぐ」に上映時間を確認して、「今週末」に観てほしい。
NEXT|次ページ > 口コミを受けて映画館と公式も動き出した

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録