あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『花束みたいな恋をした』ってタイトルそのものが、何よりもの名言説。


『花束みたいな恋をした』画像ギャラリーへ

「これ、パンケーキ食べてるけど、した後のふたり。」


「これ、タピオカ飲んでるけど、すでに別れてるふたり。」

これ、映画『花束みたいな恋をした』(21)に登場する台詞の一部。

コミカルさもありつつ容赦なく現実を突きつけるコントラストが秀逸な台詞たちを生み出すのは、『東京ラブストーリー』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『カルテット』など、観る人の心をこれでもかという程にえぐる鬼才・坂元裕二。

『最高の離婚』を越える坂元裕二作品はもう出てこないだろう、なんて思っていたのに、2021年4月クールに放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』でまさかの逆転ホームラン。坂元裕二節はとどまることを知らない。

未だに「これ、歩いている大豆田とわ子。」の伊藤沙莉によるナレーションが耳から離れないのは私だけ?

坂元裕二脚本作品はとにかく台詞が多い。情報量が多い。それがまた、癖になる。

ジェットコースター級の感情の起伏に襲われる『花束みたいな恋をした』

【予告編】


2021年1月29日に公開され、”既視感”があるそのストーリーに共感の嵐が巻き起こった『花束みたいな恋をした』。心の傷が癒えるどころか再びチクチクと痛み出してしまう、とんでもない映画だ(褒めてる)。

かくいう私もその一人で、鑑賞後すぐトイレに駆け込み個室からしばらく出られなかった。トイレ、空いててよかった。

菅田将暉×有村架純というキャスティングもまた、アラサー世代に会心の一撃を食らわせたポイントである。

さすがは名言の宝庫、坂元裕二作品、『花束みたいな恋をした』でも数々の名言が登場する。

ここからは、絞りに絞った私的推し名言を6つ、紹介していく。

1.「社会に出るってことは、お風呂に入るってことなの。」



広告代理店でバリバリ働く絹の両親・早智子(戸田恵子)と芳明(岩松了)が、就職もせずフリーターのまま同棲生活を続ける絹(有村架純)と麦(菅田将暉)に言い放ったこの一言。

いかにも”広告代理店感”溢れる絹の両親と、共感はできないけど話を合わせる麦と相変わらずな両親に冷めた目線を向ける絹。一緒に食卓を囲んでいるとは思えない空気の分断の対比、なんともシュール。

世の中の大半の人は「社会に一度出てみたところで”入ってよかった〜”とは思わないだろ」と感じるであろう中で、「入って見ると”あ〜入ってよかったな〜”って思うの」と熱弁する早智子の姿は傑作。にしても、こんな例えを思いつく坂元裕二はやはり天才。

2.「カラオケやに見えない工夫をしたカラオケやでカラオケするIT業界人はたいていヤンキーに見えない工夫をしたヤンキーで、”結局、やるかやらないかなのよ”、この言葉がなにより好き。」



絹が人数合わせで呼ばれた西麻布で、合コンなのか異業種交流会なのか”よくわからない飲み会”が開催されていた。この台詞は、会場にたどり着いた瞬間の絹の心情。

普段IT界隈に生息する私は思わず吹き出してしまった。だって、本当にそうなんだもん。

”よくわからない飲み会”の情景がものの見事に頭の中に広がるこの一言、実に素晴らしい。

3.「ほぼうちの本棚じゃん」



明大前から自宅までの終電を逃し、運命的な出会いを果たした麦と絹。
とは言っても、二人きりだったら"花束みたいな恋"は生まれていなかったかもしれない。同じく終電を逃した男(小久保寿人)と女(瀧内公美)に声をかけられ、4人でカフェバーで時間を潰すことになる。

映画好きと言いつつ「好きな映画はショーシャンクの空に」とか言っちゃう男と「去年観た中で一番よかったのは実写版 魔女の宅急便」とか返しちゃう女。サブカル好きな麦と絹とはまるで正反対。
早々に解散し意味ありげな雰囲気でタクシーに乗り込む男女を脇目に、何事もなく終わると思いきやカフェバーに居合わせた押井守の話で盛り上がり、居酒屋、ひと悶着あってからのカラオケやさんに見えるカラオケやさん、缶ビールを飲みながら散歩している内に大雨に振られ、麦の部屋に駆け込む二人。

部屋に入るなり絹が言った、この一言。麦と絹の嗜好性が98%一致していることを如実に表現している。

好きな台詞ではありつつも、私だったらちょっと嫌かもとも思ったりする。だって、多くの時間を過ごす人と”ほぼ”インプットするモノが同じだったら、つまらないもの。好きな領域は同じでありつつ、自分が知らない世界に導いてくれるような人と一緒にいられたら、もっともっと”好き”を深堀りできるもの。

…という自論は置いておいて、共感できるかできないかはどうであれ、運命的な出会いということがわかるこの一言、痺れる。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 4.「こういうコミュニケーションは頻繁にしたい方です。」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会