あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「恋です!」鈴木伸之の魅力|ヤンキー役、全部違って全部スゴイ!『東京リベンジャーズ』『HiGH&LOW』……



「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」より©日本テレビ

今期(2021年10~12月)ドラマでは「恋です!」金沢獅子王役、「ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜」辻村駿太郎役、「お茶にごす。」船橋雅矢役と、同時にトリプル出演を果たしている鈴木伸之。

彼は身長185cmの体格からか、ヤンキー役を演じることが多い。本人はそんなに不良っぽく見えるのかと落ち込むこともあるそうだが、同じヤンキーでも役によって演じ方が大きく異なり、そのバリエーションの多さに驚く。本記事では、いくつかの作品を挙げつつ、彼の魅力について語りたい。

【関連記事】<恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ
【関連記事】<杉野遥亮>の魅力:小学生からヤンキーまで演じきる力がすごい
【関連記事】ドラマ「最愛」にハマった人に見てほしい、愛すべきドラマたち

硬派な悪役「今日から俺は!!」片桐智司


「今日から俺は!!」より©日本テレビ

個人的にはじめて鈴木伸之を認識したのがこの作品だ。彼が演じる片桐は、千葉県最凶と恐れられる開久高校の頭。2メートル近くある大男という設定で、鈴木は185cmあるものの、さらに上半身に肉じゅばんを巻いて挑んだという(ちょっと面白い)。

片桐は敵役ながら硬派なところがあり、きちんと仁義を通す。後輩の策略で伊藤(伊藤健太郎)とタイマンを張った際は、策略に気づき和解し「こいつは一対一でやったんだ、俺とタイマンやったんだ!」と身を挺して伊藤を守った。

相棒の相良(磯村勇斗)がとことん卑怯なやつだったので、その対比によってより印象に残った。卑怯者&筋を通す人という組み合わせが主人公の三橋(賀来賢人)&伊藤と少しかぶり、また演じきった二人の魅力もあり、敵ながらこの二人が好きだった人は結構多いのではないだろうか。

【関連記事】『今日から俺は!!劇場版』 観客を虜にする「5つ」の魅力!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 仲間想いの熱い男「HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜」ヤマト

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録